きょう24日(日)は、北海道や東北の雨はやんで、雲の間から日の差すことも。関東以西は太平洋側を中心に晴れて、気温が速いペースで上昇。九州は湿った空気が流れ込みやすく、局地的に雷雨に。

各地の天気 北海道や東北は回復傾向 九州は所々で雨や雷雨

画像A

きのう(23日)に、北日本の広い範囲に雨を降らせた低気圧や前線は離れます。きょう(24日)は、日本付近は高気圧に緩やかに覆われるでしょう。ただ、朝鮮半島付近には低気圧があり、南から湿った空気が流入。九州は、この湿った空気の影響を受ける見込みです。
【各地の天気】
●沖縄:ほぼ一日晴れるでしょう。
●九州:次第に雲が増えて、北部を中心に所々で雨や雷雨となりそうです。早い所では午前中から雨雲がかかるでしょう。
●中国地方:こちらも雲が広がりやすく、午後はにわか雨の所もありそうですが、それほど強く降ることはないでしょう。
●四国・近畿・東海・北陸・関東甲信:雲のかかることもありますが、おおむね晴れる見込みです。
●東北:雲の間からときおり日が差すでしょう。
●北海道:午前中は曇り空。午後は日本海側を中心に晴れる所がありそうです。

最高気温 きのうと同じか高め 西日本の内陸を中心に35℃くらいの所も

最高気温は、沖縄はきのうと同じくらいで34℃前後の予想。九州から東海、北陸、関東にかけても広い範囲で30℃を超えて、西日本の内陸を中心に35℃くらいの所も。東北は、きのうと同じかやや高く、28℃前後の予想。北海道も、きのうに比べると高く、25℃前後の所が多くなるでしょう。

熱中症対策を

画像C

きょうも厳しい暑さの所が多く、熱中症対策が欠かせません。
ノドが渇く前に、こまめに水分を摂り、たくさん汗をかいたら適度な塩分補給も心がけましょう。屋外のレジャーやスポーツは無理をせず、時間を決めて休憩をとるようにしてください。
熱中症のサインとなるのは、めまいや立ちくらみがする、足がつりやすくなる、頭痛や吐き気がしてくる、といった症状。少しでも体調に異変を感じたら、涼しい所で休憩し、できるだけ速やかに体温を下げることが重要です。その際、保冷材や冷たいペットボトルを、首筋やわきの下など太い血管の通る箇所にあてると、効率よく体を冷やすことができます。