きょう25日(月)は夏空の広がった所が多くなりましたが、あす26日(火)から27日(水)は、九州から東北にかけて、大気の状態が非常に不安定。特に関東甲信では発雷確率が「かなり高く」なっています。1週間後の月曜日には8月がスタートしますが、広い範囲で雨でしょう。

26日(火)〜27日(水)は関東甲信「警報級大雨」の恐れも

画像A

あす26日(火)は、太平洋高気圧の縁を回って、本州付近には湿った空気が流れ込むでしょう。
日本の南にある熱帯低気圧は、あす26日(火)にかけて弱まり消滅する予想ですが、北上とともに熱帯由来の暖かく湿った空気を運んで、「局地的に大雨」をもたらす可能性があります。特に、関東甲信から東海にかけては、前線の雨雲がかかり、26日(火)の夜明け前から雨がザっと降ったり、雷雨になることもあるでしょう。朝の通勤時間帯に雨脚が強まる可能性があります。

また、群馬県や栃木県など関東北部では、午後から雨雲が発達し、夕方から夜にかけて、雷を伴って1時間に50ミリの「非常に激しい雨」の降る恐れがあります。

予想降水量

画像B

26日に予想される1時間降水量(いずれも多い所)
関東地方北部  50ミリ
甲信地方    40ミリ

25日18時から26日18時までに予想される24時間降水量(いずれも多い所)
関東地方北部  100ミリ
甲信地方     70ミリ

その後、26日18時から27日18時までに予想される24時間降水量(いずれも多い所)
関東地方北部  50から100ミリ
甲信地方    50から100ミリ

予想よりも雨雲が発達や停滞した場合には、27日にかけて「警報級の大雨」となる可能性もあります。
低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意・警戒してください。
また、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうも予想されますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

「非常に激しい雨」や「激しい雨」に注意

画像C

あす26日(火)から27日(水)にかけて、関東甲信に限らず、九州から東北のあちらこちらで雨雲が発達し、「非常に激しい雨」や「激しい雨」が降る見込みです。
1時間に30ミリ以上の「激しい雨」が降ると、道路が川のようになり、冠水する恐れが出てきて、危険が多くなります。
1時間に50ミリ以上の「非常に激しい雨」が降ると、傘は全く役に立たず、車の運転は危険です。雨が強い時間帯はなるべく車の運転を控えるなど、安全にお過ごしください。

雨雲レーダーで近くに雨雲がないかどうかチェックし、雨雲が発達している際には、落雷や竜巻などの突風の恐れもありますので、外出は控えて安全な場所で過ごすようにしてください。

安定した盛夏はまだ先

画像D

この先、太平洋高気圧の勢力は弱い見込みです。
28日(木)は、雨の範囲は狭くなりますが、局地的には雷を伴い、土砂降りやザーザー降りの雨が降るでしょう。
29日(金)から30日(土)は、一時的に高気圧が強まり、夏空の広がる所があるでしょう。
ただ、7月31日(日)から8月1日(月)は、再び高気圧の縁をまわって湿った空気が流れ込み、雨の範囲が広がりそうです。
8月スタートは、広い範囲で雨が予想されています。

大気の不安定な状態が続き、安定した夏空が広がる日は、まだ先になりそうです。