きょう26日の関東甲信は、局地的に非常に激しい雨が降りそう。朝は東京都心などでも雨脚が強まる見込み。低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意、警戒を。

朝 局地的に大雨

画像A

けさ(26日)は、暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、東海から関東の沿岸部を中心に雨雲がかかっています。山梨県南部町では、明け方に1時間に70.5ミリの非常に激しい雨、7月としては観測史上1位となる大雨になりました。

朝のうちは関東の沿岸部や山梨県を中心に発達した雨雲がかかり、東京都心などでも、一時的にザッと雨脚が強まるでしょう。沿岸部では南よりの風が強まるため、足元が濡れないよう大きめのしっかりした傘をさすなど、対策が必要です。

東京都心の午前6時の気温は25.8℃と、朝からムシムシしています。日中はさらに気温が上がりますので、こまめに水分をとるなど熱中症にも注意ください。

午後 内陸部は非常に激しい雨

画像B

きょう26日の午後は、内陸部を中心に大気の状態が非常に不安定となりそうです。雨雲や雷雲が発達しやすく、関東北部では、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る所があるでしょう。予想されている雨量が短時間に降るため、アッという間に道路が冠水するなど、急に周りの状況が悪化することが考えられます。

あす27日にかけて、雨雲が予想以上に発達したり、停滞した場合は、警報級の大雨となる可能性があります。

予想降水量

画像C

予想される24時間降水量は多い所で、あす27日午前6時までに関東北部で100ミリ、甲信で80ミリとなっています。

その後、あさって28日午前6時までに、いずれも多い所で、関東北部と甲信で50ミリ〜100ミリです。

アンダーパスなどの低い土地の浸水、河川の増水、土砂災害に注意・警戒をしてください。また発達した雨雲の下では、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。