マリアナ諸島近海の熱帯低気圧は、今後、24時間以内に台風に発達する見込みです。今後発生する台風の動向によっては、30日から31日頃、九州から近畿では大雨になる可能性があります。

マリアナ諸島近海の熱帯低気圧 台風に発達する予想

きょう27日午前3時の観測によると、マリアナ諸島近海の熱帯低気圧は、1時間におよそ20キロの速さで北北西へ進んでいます。中心気圧は1004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートルです。

熱帯低気圧は、海面水温27℃以上の海域を北上し、今後24時間以内に台風になる見込みです。30日には九州の南に達し、その後、東シナ海に進むでしょう。

今後発生する台風の動向によっては、30日から31日ごろ、九州から近畿では大雨になる可能性があります。今後、最新の気象情報をご確認下さい。