きょう29日は、北海道から九州まで晴れる所が多いでしょう。ただ、山沿いや内陸部を中心に天気の急変に注意が必要です。非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。また28日夜に発生した台風5号(ソングダー)は、午後には奄美にかなり接近する見込みです。九州南部や奄美を中心に、あす30日にかけて、雷を伴って激しい雨が降り、大雨となりそうです。

広く晴れるが天気急変

画像A

きょう29日は、日本付近は日本のはるか東に中心を持つ高気圧に覆われる見込みです。北海道から九州北部まで晴れる所が多いでしょう。日中は強い日差しが照り付けて気温がグングン上昇する見込みです。

ただ、日本付近には高気圧の縁をまわって暖かく湿った空気が流れ込みやすく、気温の上昇もあるため、大気の状態が不安定になるでしょう。昼頃からは山沿いや内陸部を中心に天気の急変に注意が必要です。

局地的に雨雲が発達し、関東甲信の山沿いなどで非常に激しい雨や雷雨の所がありそうです。晴れ間があっても急に雨雲がわいて、ザーッと雨を降らせることがありますので、空模様の変化に注意が必要です。

台風5号は今夜には奄美や沖縄本島にかなり接近

画像B

一方、九州南部や奄美、沖縄は台風5号の影響を受けるでしょう。

台風第 5 号(ソングダー)は、きょう29日午前3時現在、日本の南にあって、北北西へ毎時45kmで進んでいます。中心気圧は、1002hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。

台風5号は今夜(29日)には奄美や沖縄本島にかなり接近する見込みです。海上ではしける所があるでしょう。また、九州南部や奄美を中心に雨や風が強まり、大雨をもたらすことがありそうです。
九州南部・奄美地方を中心に、きょう29日からあす30日にかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、強風や高波に注意や警戒をしてください。

最高気温35℃以上の猛暑日の所も

きょう29日も各地で暑くなりそうです。最高気温は、全国的に平年並みか高く、30℃以上の真夏日の所が多いでしょう。福岡や大阪、広島など、九州から東北では35℃以上の猛暑日になる所もありそうです。

のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしたり、タブレットや飲み物などで適度に塩分補給したりと、万全の対策をして、熱中症には十分に警戒をしてください。