台風5号は、今夜、奄美地方にかなり接近するでしょう。九州南部・奄美地方を中心に雨や風が強まり、30日土曜にかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、強風やうねりを伴った高波に注意が必要です。四国地方でも大雨のおそれがありますので、早めの対策を、心がけてください。

台風5号 今夜には 奄美地方にかなり接近する予想

台風5号が、奄美地方に近づきつつあります。

台風5号は、29日金曜15時には、種子島の南南東約200キロにあって、1時間におよそ55キロの速さで西北西へ進んでいます。

この台風は、29日金曜夜には、奄美地方にかなり接近するでしょう。その後、30日土曜には東シナ海に進む見込みです。

台風5号 気を付けるべき点は?

今回の台風で、気を付けなければならない事は、まず「大雨」です。

台風が運んでくる「暖かく湿った空気」が流れ込むため、九州南部・奄美地方や四国地方では、29日金曜夜から30日土曜にかけて、雷を伴った「非常に激しい雨」が降り、大雨となるでしょう。

特に、宮崎県など九州の太平洋側では、31日日曜にかけて、南東風が吹き付け、発達した雨雲がかかり続けるおそれがあります。また、台風が東シナ海から黄海へ進むと、雨の強まるエリアが西へ広がり、31日日曜は、長崎県五島や九州の東シナ海沿岸の地域で、雨量が多くなるおそれもあります。また、四国地方でも、太平洋側では、雨が長い時間続くため、雨量が増えるでしょう。

そして、もう1つ、気を付けなければならないのが、「強風」です。

台風5号は、強風域が広く、29日金曜15時現在、すでに、九州全域や四国の広い範囲が、強風域に入っています。台風の接近・通過に伴い、九州南部・奄美地方では29日金曜夜から30日土曜未明にかけて、非常に強い風が吹き、海は、うねりを伴いしけるでしょう。

雨だけでなく、風も強まるので、強風や高波にも、十分お気をつけください。

予想雨量は?

画像C

30日土曜18時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で、
九州南部、四国地方       250ミリ
奄美地方            150ミリ

その後、31日日曜18時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で、
九州南部       100から200ミリ
奄美地方、四国地方  100から150ミリ
となっています。

特に、九州南部・奄美地方では土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。四国地方でも、雨量が多くなりますので、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。

さらに、大気の状態が不安定になりますので、九州南部・奄美地方では、落雷や竜巻などの激しい突風に、ご注意ください。

予想される風速・波の高さは?

画像D

30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
奄美地方、九州南部   20メートル(30メートル)

30日にかけて予想される波の高さは、
九州南部、奄美地方、沖縄地方、九州北部地方 4メートル
の見込みです。

強風や、うねりを伴った高波に注意するとともに、海には近づかないでください。

台風が近づく前の対策 大雨に備えて

画像F

今回の台風では大雨が心配されますが、事前に備えておくポイントは、次の3つです。

1つめは、水害に備えて、雨どいや排水溝、側溝を掃除し、水はけを良くしておきましょう。砂利や落ち葉、ゴミなどが詰まっていないかも、確認しておいてください。

2つめは、浸水による被害を防ぐため、家財道具や家電製品、食料品などは、可能な限り、高い所や2階以上へ移動させておくと良いでしょう。押し入れの下の段に入っているものは、上の段に移しておくだけでも、被害を小さくできます。

3つめは、電源のコンセントは抜いておくと良いでしょう。電源のコンセントが水につかると、漏電やショート、感電の恐れがあります。

いずれも、台風が近づいてから備えるのではなく、台風情報を確認して、早めに対策を行ってください。