台風5号は、きょう30日(土)6時現在、東シナ海にあって、西北西へ進んでいます。台風周辺の暖かく湿った空気や太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が流れ込み続け、西日本では大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。

「台風5号」の影響続く

画像A

台風5号は、きょう30日(土)6時現在、東シナ海にあって、1時間におよそ30キロの速さで西北西へ進んでいます。

台風はこの後も東シナ海を北西へ進むでしょう。台風は奄美や九州から次第に離れていきますが、西日本の太平洋側には、台風周辺の暖かく湿った空気や太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が流れ込み続け、大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。

大雨に警戒

画像B

きょう30日(土)6時現在、九州南部や奄美、四国には所々に発達した雨雲がかかっています。24時間雨量は宮崎県美郷町南郷で108.0ミリ(5時50分まで)、宮崎市田野で101.5ミリ(5時40分まで)、鹿児島県種子島で92.0ミリ(1時00分まで)となっています。

九州南部や奄美地方では、あす31日(日)朝にかけて、四国地方ではきょう30日(土)昼過ぎにかけて、雷を伴って滝のような非常に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。

あす31日(日)6時までに予想される24時間雨量は多い所で
九州南部、四国地方:250ミリ

その後、8月1日(月)6時までに予想される24時間雨量は多い所で
九州南部:100〜200ミリ
四国地方:100〜150ミリ

九州南部・奄美地方、四国地方では、あす31日(日)にかけて土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

強風・高波に注意

画像C

きょう30日(土)6時現在、九州や奄美の一部が強風域に入っています。

九州南部・奄美地方では、きょう30日(土)は強い風が吹き、海はうねりを伴いしけるでしょう。

きょう30日(土)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州南部、奄美地方:15メートル(25メートル)

きょう30日(土)に予想される波の高さは、
九州南部、奄美地方、九州北部地方:4メートル

九州や奄美地方は強風やうねりを伴った高波に注意してください。