きょう30日(土)は、九州南部と四国には断続的に活発な雨雲がかかる見込み。本州は広く晴れるものの、天気の急変に注意。全国的に暑さが厳しく、本州の内陸を中心に猛暑日も。

九州と四国 太平洋側ほど雨の時間が長い 本州も局地的に雨雲発生

画像A

きょう30日(土)は、台風5号が東シナ海を西よりに進む見込みです。この台風周辺の高温多湿な空気や、太平洋高気圧のフチから流れ込む湿った空気の影響で、九州南部や四国は大雨になる所があるでしょう。
【各地の天気】
●沖縄:雲の間から日が差しますが、大気の状態は不安定。急な強い雨、落雷、突風に注意が必要です。
●九州・四国:雨が降ったりやんだり。特に、九州南部や奄美地方、四国の太平洋側は雨の降る時間が長いうえに、滝のような非常に激しい雨の降る所があるでしょう。大雨によって道路や線路が冠水するなど交通に影響が出る可能性があり、土砂崩れなど災害の危険度が高まってくる所もありそうです。最新の気象情報や交通情報を十分にご確認ください。
●中国地方・近畿・東海:日差しはありますが、変わりやすい天気です。和歌山県や三重県をはじめ紀伊半島では朝からすでに局地的に雨雲が湧いており、いま晴れているエリアでも午後は所々で雨や雷雨となるでしょう。
●関東甲信・北陸・東北南部:午前中は広く晴れ。午後は山沿いや内陸を中心ににわか雨や雷雨の可能性があります。特に甲信と関東北部、福島県では、局地的に道路が川のようになるほど激しく降りそうです。
●東北北部・北海道:おおむね晴れるでしょう。

厳しい暑さ 熱中症対策を

最高気温は、きょうも全国的に平年並みか高い所が多い予想。
沖縄は32℃前後で、広く雨が降る九州南部や四国も30℃くらいでしょう。九州北部や本州は30℃を超える見込み。近畿や東海、関東、北陸は内陸を中心に猛烈な暑さで、盛岡など東北北部でも35℃前後の所があるでしょう。北海道もグンと上がり、札幌をはじめ30℃を超える所が多くなりそうです。
各地、熱中症対策が欠かせません。適切な冷房の使用や、こまめな水分補給を。屋外のレジャーは無理をせず、時間を決めて休憩をとるようにしましょう。帽子などで直射日光を遮ることも大切です。