台風5号は、31日(日)午前6時現在、黄海を進んでいます。日本からは離れましたが、台風に向かって湿った空気が流れ込むため、九州南部や四国を中心に雨が降りそうです。局地的に大雨の恐れもありますので、引き続き注意してください。

九州南部と四国では大雨に注意

画像A

台風5号は、31日(日)午前6時現在、黄海を北西に進んでいます。このあと今日中に熱帯低気圧に変わる予想です。日本から離れていても、まだ油断はできません。台風5号と沖縄の南を北上する別の熱帯低気圧、太平洋高気圧の縁に沿って流れ込む暖かく湿った空気により、九州南部と四国を中心に雨が降るでしょう。局地的に非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れもあります。また、大気の状態が不安定になり、ほかの九州北部や中国地方でも、局地的に雨が強まる恐れがあります。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。

予想雨量は、あす8月1日午前6時まで(多い所で)
九州南部(宮崎県)  180ミリ
四国 太平洋側   150ミリ
瀬戸内側   60ミリ

画像B

熱帯低気圧にも注意

画像C

沖縄の南を進む熱帯低気圧にも注意が必要です。このあと台風には発達しませんが、北上を続ける見込みです。

沖縄本島地方では多い所で1時間に40ミリの激しい雨が降り、あす1日9時までには120ミリの雨が降る予想です。また、うねりを伴った高波と強風にも注意が必要です。予想される波の高さは5メートル、風は最大風速15メートル(最大瞬間風速23メートル)です。