きょう31日(日)は、沖縄は雨や雷雨で、九州と四国は太平洋側を中心に活発な雨雲がかかる。本州と北海道は広い範囲で強い日差しが照り付け、うだるような暑さ。気温の上昇で大気の状態が不安定になるため、内陸を中心に急な激しい雨や雷雨に注意。

広く晴れるが 急な激しい雨・雷雨に注意

画像A

きょう31日(日)も、南から暖かく湿った空気が流入。沖縄や九州、四国は雨の所が多いでしょう。本州や北海道は広い範囲で晴れますが、局地的に雨雲や雷雲が湧いてきます。
【各地の天気】
●沖縄:雨が降ったりやんだりで、雷を伴うことも。本島地方では雨が激しく降るおそれがあります。
●九州南部:午前中は雨のやむ所がほとんどですが、午後はときおりザッと雨が降り、局地的に雨脚が強まるでしょう。宮崎県北部を中心に、これまでの雨で地盤が緩んでおり、土砂災害の危険度がさらに増す所もありそうです。
●九州北部:日差しはあっても雲が広がりやすく、午前・午後ともに突然の強い雨に注意が必要です。
●四国の太平洋側:昼前まで広く雨で、激しく降る所があるでしょう。午後は雨の範囲が次第に狭まり、降り方も落ち着いてきそうです。
●四国の瀬戸内側・中国地方:雲の間から日が差しますが、所々で雨や雷雨。早い所では午前中から雨雲が発達します。
●近畿・東海・関東甲信・北陸・東北南部:強い日差しが照り付けるでしょう。ただ、山沿いや内陸を中心に雨雲や雷雲が湧いてきます。道路が一気に冠水するほどの、非常に激しい雨の降る所もありそうです。ヒンヤリした風が強まる、ゴロゴロという音がきこえてくる、といった天気急変のサインに気を配ってください。気象レーダーの雨雲のようすをこまめに確認するのも、雷雨を回避するのに有効です。
●東北北部・北海道:おおむね晴れるでしょう。北海道の東部では一部でにわか雨がありますが、雷雨にはならない見込みです。

本州は猛烈な暑さ 普段涼しい釧路を含め北海道も広く真夏日

最高気温は全国的にきのうと同じか高く、本州は35℃以上の猛暑日の所が増えるでしょう。北海道も厳しい暑さで、釧路も30℃の予想です。
各地、熱中症対策が欠かせません。ノドが渇く前に、こまめに水分を摂り、たくさん汗をかいたら適度な塩分補給も心がけましょう。屋外のレジャーやスポーツは決して無理をせず、時間を決めて休憩をとるようにしてください。なお、熱中症のサインとなるのは、めまいや立ちくらみがする、足がつりやすくなる、頭痛や吐き気がしてくる、といった症状。少しでも体調に異変を感じたら、涼しい所で休憩を。保冷材や冷たいペットボトルを首筋やわきの下にあてるなどして、速やかに体温を下げることが重要です。