あす8月1日(月)は、晴れる所が多くなりますが、天気の急変と危険な暑さに引き続き注意が必要です。沖縄と九州南部、四国は台風6号周辺の湿った空気の影響で雨が降り、東北と北海道も曇りや雨となるでしょう。

関東甲信中心に大気の状態が非常に不安定

画像A

あす8月1日(月)は、九州北部から関東甲信にかけては、太平洋高気圧に覆われて、広い範囲で晴れるでしょう。ただ、午後は関東甲信を中心に大気の状態が非常に不安定になる見込みです。上の図は発雷確率を表したものになりますが、雷の発生する確率がより高くなる、赤やオレンジが関東甲信に見られます。

局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。低い土地への浸水や、落雷、ひょう、竜巻などの突風にも注意が必要です。黒い雲が近づく、冷たい風が急に吹く、ゴロゴロと雷の音が聞こえるなど、天気の急変の合図を見逃さないようにしましょう。

沖縄、九州南部、四国は台風から変わる熱帯低気圧の影響続く

画像B

黄海や東シナ海を進む、台風5号と台風6号は、あすまでには熱帯低気圧に変わりますが、周辺の湿った空気の影響が続く見込みです。沖縄や九州南部、四国は、雨が降り、激しい雨が降る所もあるでしょう。これまでの雨で地盤が緩んでいる所もあります。土砂災害には十分に注意してください。沖縄や九州の強風や高波は段々と収まりますが、あすにかけて注意が必要です。

東北と北海道は、気圧の谷の影響で曇りや雨となるでしょう。雷雨や雨脚が強まることもありそうです。

危険な暑さ続く 北日本は気温の変化が大きい所も

最高気温は、九州から東北南部では広く35℃前後まで上がる予想です。内陸では38℃前後まで上がる所もありそうです。危険な暑さが続きますので、こまめな水分補給や室内では適切に冷房を使用するなど、熱中症対策は万全にしてお過ごしください。

東北北部から北海道も30℃近くまで上がる所はありますが、きょうとの気温の変化が大きくなるでしょう。札幌29℃で、きょうより4℃低く、きょう歴代1位の記録を更新した釧路は23℃と、きょうより11℃ほど低い予想です。体調管理にはご注意ください。

竜巻の発生しやすい気象状況

画像D

竜巻が発生しやすい気象状況になると、気象庁は「竜巻注意情報」を発表して、注意を呼びかけます。また、「雷注意報」が発表されている時や、天気予報で「大気の状態が不安定」とコメントする場合も、竜巻が発生しやすくなります。ただ、屋外にいる時など、「竜巻注意情報」や「雷注意報」の情報を得ることができない場合もあります。竜巻が発生するのは「発達した積乱雲の下」ですので、普段から、積乱雲が近づく前触れを覚えておきましょう。

①昼間なのに真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる。
②ゴロゴロという雷の音が聞こえたり、雷の光が見えたりする。
③ヒヤッとした冷たい風が吹く。

また、大粒の雨が降りだしたり、ひょうが降りだしたりします。ただ、竜巻の前に、これらの前触れが必ず発生するとは限りませんし、ハッキリしない場合もあります。少しでも異変を感じたら、早めの避難が必要です。