この先、太平洋高気圧が勢力を強めて覆うため、猛烈な暑さが続くでしょう。連日の猛暑日や熱帯夜となる所も多くなりそうです。体調管理に十分に注意が必要です。

きょうも各地で猛暑日 今季一番の暑さの所も

画像A

きょうの四国地方は、湿った空気の流れ込みも次第に弱まり、瀬戸内側は晴れて青空が広がり、太平洋側の雲も取れて晴れ間が広がってきています。13時30分現在、各地で気温が35度以上の猛暑日となり、徳島県美馬市の穴吹では37.9度まで上がって、観測史上3番目に高くなっています。また香川県仲多度郡の多度津では37.3度を観測し、今季一番高くなっています。

あす以降、太平洋高気圧が勢力を強め、連日の猛暑日となる所も

あす以降、さらに太平洋高気圧が勢力を強めて覆う見込みです。このため週末にかけておおむね晴れて、強い日差しが照り付けるでしょう。各地、最高気温は35度前後の日が続き、日中は猛烈な暑さが続く見込みです。また最低気温は27度前後と、夜間も気温が下がりにくい日が続き、高松では向こう1週間、連日の猛暑日・熱帯夜となるでしょう。

熱中症警戒アラート発表時の予防行動

画像C

きょうも四国地方では、香川県・徳島県・愛媛県に熱中症警戒アラートが発表されており、熱中症の危険性が高くなっています。また、この先も厳しい暑さが予想され、夜間も気温が下がらずに、疲れが取れにくい日が続きそうです。
熱中症にならないようエアコン等を使用し、喉の渇きを感じる前にこまめな水分補給を心がけましょう。高齢者や子供は喉の渇きに気づきにくいため、周りの方が声をかけてあげるとよいでしょう。