きょう2日、九州は広い範囲で猛暑日となり、大分県日田市は最高気温が39℃まで上がる見込みです。体温を超える暑さが続出し、熱中症の危険が極めて高くなりますので、警戒して下さい。この猛暑はお盆のころにかけても続く見込みです。

2日 大分県日田市は39度予想

きょう2日、夏の太平洋高気圧が勢力を強めて、九州を覆っています。九州は朝から強い日差しが照りつけており、午前9時前から気温が30℃を超えている所が多くなっています。

2日の予想最高気温は、大分県日田市は39℃、福岡市や大分市、佐賀市や熊本市は37℃など、体温を超える危険な暑さが続出する見込みです。

九州の各県に「熱中症警戒アラート」が発表されており、熱中症の危険が極めて高くなる見込みです。暑さの厳しい時間帯は運動は避け、なるべく外出を控えましょう。室内でも熱中症になることがあります。室内でも冷房などを利用し、涼しい環境で過ごしてください。

猛暑、当分続く

画像B

あさって3日(水) から5日(金)も勢力の強い高気圧に覆われて、夏空が続き、最高気温は35℃前後まで上がるでしょう。
6日(土)は一時的に太平洋高気圧が弱まり、九州は弱い気圧の谷の影響で一時雨が降る見込みです。

来週になると、再び太平洋高気圧が勢力を強めて九州を覆うでしょう。にわか雨の所がありますが、晴れる日が多く、厳しい暑さが続く見込みです。

この猛暑は今週中頃をピークに、お盆のころにかけても続く見込みです。熱中症など体調管理に気をつけてお過ごし下さい。

熱中症の応急処置のポイント

画像C

もし暑さにより体調異変を感じる人がでたら、冷房の効いた部屋や風通しのよい日陰へ移動させ、休ませましょう。

衣類をゆるめて、濡れたタオルや冷やしたペットボトル、氷枕などで、首筋やわきの下、足の付け根などを冷やして体温は下げましょう。

水分や塩分補給を行って下さい。経口補水液やスポーツドリンクがより適しています。

意識がなかったり、自分で水分をとることができない場合はすぐに医療機関にかかって下さい。