きょう3日は、東北は雨や雷雨で、非常に激しい雨が降る所があるでしょう。関東甲信から九州は変わりやすい天気で、所々で雨や雷雨がある見込みです。猛烈な暑さが続くでしょう。

北海道で記録的短時間大雨情報 青森で記録的な雨量

画像A

きょう3日は、九州から関東付近は太平洋高気圧に覆われて、目立った雲はありません。
日本海から東北付近には、前線が停滞し、北海道の道南や東北北部を中心に発達した雨雲がかかっています。

午前2時10分、北海道渡島大島小島付近で約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

3時間雨量は、青森県今別町では、午前5時00分までで95.5ミリを観測し、統計開始の1976年以降、年間を通して1位の値を更新しました。青森県むつ市脇野沢では午前3時50分までで92.5ミリ、十和田市では午前5時00分までで83.5ミリを観測し、いずれも統計開始の1976年以降、8月の1位の値を更新しました。

青森県むつ市など土砂災害の危険度高い

画像B

降り続く大雨で、北海道の渡島半島や青森県では、地盤の緩んでいる所があります。青森県むつ市や今別町など、特に青森県では、土砂災害の危険度が高まっている所があります。避難が必要となる危険な状況となっています。
崖の近くや谷の出口など土砂災害警戒区域等にお住まいの方は、市町村から発令される避難指示などの情報に留意し、少しでも安全な場所への速やかな避難を心がけてください。

きょう3日 各地の天気

画像C

きょう3日は、日本海に停滞する前線上の低気圧が、東北付近を通過するでしょう。前線や低気圧に向かって、台風6号を起源とする暖かく湿った空気が流れ込みます。
九州から関東付近は、太平洋高気圧に覆われるでしょう。

北海道は、道南や道東を中心に雨が降るでしょう。道南では朝まで雷を伴って、非常に激しい雨が降る所がある見込みです。

東北は、雨や雷雨の所が多いでしょう。激しい雨が降る所があり、北部では、局地的に非常に激しい雨が降る見込みです。あす4日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で180ミリです。

北陸は、早い所は午前中から雨が降り、午後は広く雨雲がかかるでしょう。雷を伴って激しい雨が降る所もある見込みです。あす4日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で150ミリです。

関東甲信は、強い日差しが照り付けるでしょう。午後は所々で雨が降る見込みです。雷が鳴り、傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降る所があるでしょう。

東海も、日差しが強い見込みです。夕方以降は一部で、にわか雨や雷雨の所があり、激しい雨が降ることもあるでしょう。

近畿、中国地方、四国、九州も、大体晴れますが、午後は天気の急変に注意が必要です。局地的に雨や雷雨があり、近畿では激しい雨が降ることがあるでしょう。

沖縄も、晴れ間が出る見込みです。一時的に雨や雷雨の所があり、激しい雨が降ることがあるでしょう。

きょう3日 各地の最高気温

画像E

きょう3日の最高気温は、沖縄は32℃くらいでしょう。
九州から関東甲信は、35℃前後の所が多い見込みです。きのう2日と同じくらいか高くなる所が多いでしょう。
北陸や東北南部は、30℃以上の予想です。
東北北部は27℃前後、北海道は25℃を超える所があるでしょう。