3日午後3時ごろから、東京都心にカミナリ雲が急に湧いてきました。関東は今夜にかけて、局地的な激しい雨や落雷、突風など天気の急変にご注意ください。

東京都心 カミナリ雲が急発達

画像A

3日、関東地方は気温の上昇などの影響で、大気の状態が不安定になっています。午後3時ごろからは、東京都心で雨雲が急に発達してきました。関東地方は今夜にかけても、所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。発達したカミナリ雲の下では、激しい雨が降り、道路が冠水する場合があります。車を運転される方は、アンダーパスなど低い土地の浸水にご注意ください。また、雷が落ちたり、竜巻などの突風が吹く恐れもありますので、雷の音が聞こえたら、頑丈な建物に避難するようにしてください。

雷が近づいたら 家の中でやるべきこと

画像B

雷雲が近づいた場合、家の中にいても、身を守るためにやっていただきたいことが2つあります。

1つめは、窓から離れて、家の中央に避難することです。雷が鳴る時には、突風が吹くこともあり、突風によって窓ガラスが割れる恐れがあります。雷が鳴っているかどうか、外の様子が気になるかもしれませんが、窓やカーテンはしっかり閉めて、窓から離れましょう。特に、大きなガラス窓の下や周囲は、大変危険ですので、絶対に近づかないでください。

2つめは、雷が近づいたら、家電製品のコンセントを抜くことです。雷が落ちると、パソコンなどが故障する場合がありますが、それを防ぐのは簡単です。コンセントを抜くだけで、雷から家電製品を防護できます。

雷の音が聞こえなくなっても、20分くらいは、むやみに外に出ないでください。