きょう4日(木)からあす5日(金)にかけて、前線が近畿地方を南下する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、関西では局地的に雨雲が発達するでしょう。4日(木)夜遅くにかけて、低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に十分ご注意ください。

関西でも局地的に激しい雨が降り、警報級の大雨になる恐れ

画像A

関西では、4日(木)に予想される一時間降水量は、北部・中部の多い所で40ミリとなっています。また、あす5日(金)にかけて予想される24時間降水量は、北部や中部の多い所で80ミリとなっています。発達した雨雲がかかり、数時間のうちに80ミリの雨が降ってしまい、警報級の大雨になる恐れがあります。今後の気象情報に十分注意をしてください。

関西 雨雲が発生中 あす5日にかけて天気の急変に注意

画像B

関西では、このあと急に雨雲が発達し、局地的に大雨の恐れがあります。急な激しい雨で排水が追い付かず、道路が川のようになったり、アンダーパスが冠水する可能性がありますので、迂回路なども確認しておくようにしてください。河川や用水路の増水や崖崩れなども考えられますので、雨の降り方に十分注意し、危険な場所に近づかないようにしてください。

雨の降りやすい天気が続く

画像C

向こう一週間の関西は、湿った空気の影響で雲の広がる日が多く、雨の降りやすい天気が続くでしょう。シトシトと降り続くタイプの雨ではなく、降る時間は短くてもザっと強く降るような降り方になる日が多い見込みです。高気圧の張り出し具合や前線の動きしだいで天気予報も変わりやすくなっていますので、常に最新の気象情報を確認するようにしましょう。