きょう5日も東日本を中心に大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。雷を伴って滝のような非常に激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

大気の非常に不安定な状態が続く

画像A

きょう5日、前線は西日本付近にのびています。日本の南の高気圧の縁を回って、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、本州の上空約9000メートルには氷点下30℃以下の強い寒気が流れ込むでしょう。東日本や西日本を中心に大気の非常に不安定な状態が続きそうです。

非常に激しい雨の降る所も

画像B

北海道は日本海側を中心に晴れますが、一部でにわか雨や雷雨があり、激しく降ることもあるでしょう。東北北部はおおむね晴れる見込みです。東北南部は雲が多く、一時的に雨の降る所があるでしょう。

関東甲信も雲が広がりやすく、雨の降る所がありそうです。関東北部や甲信では雷を伴って激しく降ることもあるでしょう。北陸は所々で雨や雷雨となり、昼頃まで局地的に激しい雨が降る予想です。東海は断続的に雨で、午後は雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。

近畿から九州、沖縄は晴れ間がでますが、雨雲や雷雲の発達する所があるでしょう。激しい雨の降る所がありそうです。

予想雨量

画像C

あす6日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
北陸地方:120ミリ
東海地方:100ミリ
関東甲信地方:80ミリ

これまでの大雨により、北陸地方や東北地方では、土砂災害の危険度が非常に高まっている所があります。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

土砂災害の前兆

画像D

土砂災害の前兆現象と思われるものがあるときや、いつもと違う不安を感じたときは、避難指示などがなくても早めに土砂災害警戒区域・危険箇所から外に出るようにしましょう。土砂災害は発災してから避難しようとしても、間に合いません。冷静に判断できるうちに、早めの避難行動をとってください。

土砂災害は、雨のピークが過ぎて小康状態になっている時や雨がやんだ後にも発生する可能性があります。雨がやんだ後も、避難指示や大雨警報が解除されるまでは、避難場所にとどまりましょう。

やむを得ない場合には、建物の斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動しましょう。(ただし、土石流が想定される箇所においては、危険な区域の外へ退避する、もしくは堅牢な建物の高層階に避難することが基本です。)