中国地方は7日(日)にかけて所々で雨や激しい雷雨、晴れたりくもったりと天気がコロコロ変わるでしょう。天気の急変に注意が必要です。また、湿度も高くなるため、体に堪える暑さとなりそうです。熱中症対策を万全にしてください。

5日(金)上空の寒気や湿った空気の影響で大気の状態が不安定

画像A

きょう5日(金)の中国地方は高気圧の縁辺をまわり湿った空気が流れ込んでいることや上空の寒気の影響で大気の状態が不安定となっています。島根県の津和野町付近や吉賀町付近、山口県の山口市付近で約100ミリの猛烈な雨が解析されました。


きょう5日(金)の午後も所々で雨が降り、局地的に雷を伴いバケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。雨雲は南寄りに移動する見込みで、このあとも大雨となる所があるでしょう。
低い土地の浸水や、河川の増水、土砂災害に注意、警戒が必要です。

6日(土)広島原爆の日 外出時は雨具持参 熱中症対策を万全に

画像B

あす6日(土)は広島市で平和記念式典が開催されます。広島市の天気は、午前中は晴れ間も多く、湿度が高く蒸し暑いでしょう。午後になると雲が広がりやすくなり、雨で雷を伴う所がある見込みです。外出の際は雨具があると安心です。こまめに水分を補給し、無理をせずに涼しい所で休憩をしてください。

その他の地域も晴れたりくもったりで、雨や雷雨になる所があり、変わりやすい天気となるでしょう。
最高気温は鳥取や岡山で35℃近くとなり、厳しい暑さとなる見込みです。

7日(日)朝の内と昼過ぎから夜のはじめ頃は雨で雷を伴う所も

画像C

7日(日)は気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすいですが、多少晴れ間も出るでしょう。朝の内と午後を中心に雨の降る所があり、雷を伴う所がある見込みです。
最高気温は31度から34度くらいで、湿度も高く、体に堪える暑さとるでしょう。