きょう6日(土)も大気の状態が不安定。所々で雨雲や雷雲が発達。最高気温は全国的にきのうと同じか高く、北陸や近畿から九州は体にこたえる暑さ。

天気の急変にご注意を

画像A

きょう6日(土)も、南から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。大気の不安定な状態が続き、所々で雨雲や雷雲が発達します。ヒンヤリした風が強まる、ゴロゴロという音が聞こえてくる、といった、積乱雲接近のサインに要注意です。ここ数日の大雨による被害のあった地域では、復旧作業にあたる方も多いと思います。空の様子に気を配りつつ、無理のない行動を心がけてください。

沖縄や九州から東海にかけて、午前8時現在、雨や雷雨となっている所があります。日中は広い範囲で日が差しますが、天気が変わりやすく、あちらこちらでにわか雨や雷雨に。局地的には、道路が冠水するほど激しく降るでしょう。
関東甲信と北陸も晴れ間がありそうです。ただ、早い所では昼前から雨雲が湧いて、午後は山沿いを中心に急に激しい雨の降りだす所や、雷雨になる所があるでしょう。
東北南部は、午前中は大体晴れ。午後は、福島県の会津や、山形県の置賜を中心ににわか雨の所もありそうです。
東北北部はおおむね晴れるでしょう。
北海道は雲の間から日が差す見込みです。午後は内陸の一部で通り雨がありますが、降り方は弱いでしょう。

最高気温 きのうと同じか高く 北陸など猛暑日の所も

最高気温は、きのうと同じか高くなる所が多いでしょう。
沖縄や九州から近畿、北陸にかけて、33℃前後の所が多い予想。日本海側ほど気温が上がり、九州北部や山陰、近畿北部、北陸では35℃以上の猛暑日の所もありそうです。熱中症対策が欠かせません。ノドが渇く前に、意識的に水分を摂り、たくさん汗をかいたら適度に塩分を摂ることも大切です。
東海や関東甲信は30℃前後、東北の太平洋側は28℃前後、東北の日本海側は30℃〜33℃くらい、北海道は25℃〜28℃くらいの所が多い予想です。極端な暑さにはなりませんが、湿度が高く、蒸し暑く感じられる所が多いでしょう。