東海地方は、7日(日)から13日(土)にかけては、変わりやすい天気が続くでしょう。お盆の期間に入り、外出されるかたも多くなりますが、急な雨や厳しい暑さに注意が必要です。

来週は晴れていても急な雨に注意

画像A

来週は、北日本付近で前線が停滞しやすい一方、東日本から南では太平洋高気圧に覆われる見込みです。
東海地方は、晴れ間の出る時間もありますが、高気圧の縁を回って暖かく湿った空気が流れ込みやすく、変わりやすい天気となるでしょう。湿った空気が流れ込むと雲が広がり、所々で雨雲が発生・発達する見込みです。晴れていても、空模様の変化に注意が必要です。黒い雲が近づいてきたり、雷の音が聞こえたときは、雨雲レーダーなどで周囲の状況を確認するようにしましょう。

予想最高気温は平野部で33度前後 厳しい暑さが続く

画像B

来週は、平野部では最高気温が33度前後となる見込みです。雨が降ると気温は下がりますが、かわりに湿度が高くなるため、ジメジメと蒸し暑くなりそうです。
こまめに水分や休憩をとる他、しっかりと睡眠や栄養をとることも大切な熱中症対策です。あす7日から立秋ですが、まだまだ残暑が続きます。体調管理は十分に行ってください。