この先2週間の天気と気温の見通しです。北日本に前線が停滞しやすく、特に、9日(火)から10日(水)頃は東北北部を中心に大雨となる恐れがあります。関東以西は猛烈な暑さに。急な雨や雷雨にも注意が必要です。

画像A

北日本は大雨の恐れ 東・西日本はゲリラ雷雨に注意

この先、北日本付近に前線が停滞する日が多いでしょう。一方、東日本や西日本、南西諸島には太平洋高気圧が張り出す見込みです。

北海道や東北は雨の降る日が多いでしょう。特に9日(火)から10日(水)頃にかけては前線の活動が活発になり、東北北部を中心に警報級の大雨となる恐れがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。12日(金)から13日(土)頃も東北北部を中心に発達した雨雲がかかるでしょう。その後も前線が停滞しやすく、雨量がさらに多くなる恐れもあります。最新の気象情報にご注意ください。

関東から九州は10日(水)頃までは大体晴れて、強い日差しが照り付ける所が多いでしょう。11日(木)頃からは晴れ間はでますが、湿った空気の影響で、所々で雨雲や雷雲が発達しやすく、雨脚の強まる所もありそうです。お盆休みの期間でお出かけされる方も増える時期ですが、屋外のレジャーなどは天気の急な変化にご注意ください。

北日本は気温の変化に注意 東・西日本は厳しい暑さ

北海道や東北は日によって気温の変化が大きくなりそうです。最高気温は30℃くらいまで上がる日もあれば、25℃に届かない日もあるでしょう。服装で上手に調節してください。

関東から九州、沖縄は厳しい暑さの日が多いでしょう。最高気温は平年並みか高く、35℃くらいまで上がる所が多くなりそうです。熱中症に警戒してください。こまめに水分をとり、汗をたくさんかいたら、適度に塩分もとりましょう。室内では適切にエアコンを使うようにしてください。夜間も気温の下がり方は鈍く、熱帯夜の所が多くなるでしょう。夜間の熱中症にもご注意ください。寝る前にコップ一杯の水を飲むと良いでしょう。

上流のゲリラ雷雨を知るには

画像D

ゲリラ雷雨(局地的な大雨)によって、危険な状態になるのは、自分のいる所に雨雲がかかる場合だけではありません。川の上流でゲリラ雷雨(局地的な大雨)が発生すると、雨が降っていない下流でも、被害が発生する恐れがあります。

上流のゲリラ雷雨(局地的な大雨)を知るポイントは3つ。1つめは、川の水かさが急に増えること、2つめは、川の水が濁ること、3つめは、木の枝などが流されてくることです。また、サイレンはダムを放流する合図なので、川のそばにいて、サイレンを聞いた場合も、必ず川から離れてください。