きょう9日(火)、東北は雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれ。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒・注意を。アンダーパスなど低い所を避けて、山の斜面から離れるなど、危険な場所には近づかないようにしてください。

東北は大雨に警戒 11日(木)にかけてさらに雨量が増えるおそれ

画像A

きょう9日(火)、北海道と東北付近に、前線が停滞するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

北海道は太平洋側やオホーツク海側を中心に雨が降るでしょう。局地的に雷を伴い激しく降ることもあるでしょう。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所では、引き続き、土砂災害に警戒してください。

東北は雷を伴って滝のような非常に激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒してください。

北陸は晴れ間が出ますが、所々で雨や雷雨があるでしょう。

あす10日(水)6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
東北地方         200ミリ。
北海道地方         80ミリ。
北陸地方          70ミリ。

その後、11日(木)6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
東北地方、北陸地方    100から150ミリ。
の見込みです。

北海道や東北、北陸では、11日(木)にかけて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要です。その後も、東北日本海側を中心に雨量がさらに増えるおそれがありますので、今後の気象情報にご注意ください。

大雨の時に危険な場所

画像B

あす10日(水)にかけて、北海道や東北、北陸では局地的に激しい雨が降るでしょう。短い時間に激しい雨が降ると、あっという間に道路が冠水したり、用水路が増水するおそれがあります。
普段は流れの遅い河川や用水路でも、大雨によって増水したり、流れが速くなったりします。増水した用水路は、道路との境目が分からなくなって、足をとられることがあります。絶対に近づかないようにしてください。

また、アンダーパスなど低い所を通る道路では、車が水につかると、水圧によって、ドアが開かなくなることもあります。運転の際は、なるべく低い所を通る道路を避けるよう、心がけてください。

北海道では、これまでの大雨によって、地盤が緩んで土砂災害の危険度が高くなっている所があります。きょう9日(火)も断続的に雨が降るため、山の斜面やがけの近くは大変危険です。少しでも安全な場所へ避難してください。

浸水に備えて

画像C

浸水が予想される場所には、「土のう」を用意しましょう。「土のう」は自治体などで配布している所もありますが、入手が難しい場合は、二重にした大きめのゴミ袋に水をためて作った「水のう」でも代用できます。玄関など水の侵入が考えられる場所に、「土のう」や「水のう」を設置して、浸水を防ぎましょう。

関東から九州、沖縄は天気の急な変化に注意

画像D

関東から九州は、広く晴れて、強い日差しが照りつけますが、午後は内陸部を中心に雨や雷雨の所があるでしょう。局地的な激しい雨や落雷、突風に注意してください。また、雹(ひょう)の降る恐れがありますので、農作物やビニールハウスなど農業施設の管理にも注意が必要です。

沖縄は晴れますが、夕方まで所々で雨が降り、雷を伴うこともあるでしょう。