きょう9日(火)、関東から九州の広い範囲に「熱中症警戒アラート」が発表されています。厳しい暑さが続くため、屋外はもちろん、室内でもこまめな水分補給など万全の対策を。

関東から九州、広い範囲で猛暑日に

画像A

きょう9日(火)は、北陸や関東から九州で、最高気温が35℃以上の猛暑日になる所が多いでしょう。北海道と東北でも30℃を超える所が多く、蒸し暑いでしょう。

東京都心や金沢、名古屋、広島で35℃、福岡36℃の予想で、厳しい暑さが続く見込みです。強い日差しを避けて、喉が渇く前にこまめに水分補給するなど、万全の熱中症対策が必要です。

めまいや立ちくらみ、筋肉のけいれんなど、熱中症かなと思う症状がみられたら、すぐに涼しい場所へ移動して、体を冷やすなど、応急処置をなさってください。

北陸や関東から沖縄 熱中症「危険」レベル

画像B

熱中症情報をみますと、北陸や関東から沖縄で、「危険」レベルとなっています。

めまいや立ちくらみ、筋肉のけいれんなど、熱中症かなと思う症状がみられたら、すぐに涼しい場所へ移動して、体を冷やし、水分を補給するなど、応急処置をなさってください。

呼びかけでも応答がない、自分の力で水分補給ができないなどの場合は、すぐに医療機関を受診してください。

熱中症警戒アラート 発表時の予防行動

画像C

関東から九州の広い範囲に「熱中症警戒アラート」が発表されています。
「熱中症警戒アラート」が発表された所では、熱中症にならないように、普段以上に熱中症を予防する行動をとるようになさってください。

① 暑い時間帯の外出はなるべく控えて、昼夜問わず、室内をエアコンなどで涼しい環境にして過ごしましょう。

② 屋外、および、エアコンなどが設置されていない屋内での運動はや活動は、中止や延期を検討しましょう。

③ 喉が渇く前から、時間を決めて休憩をとったり、水分の補給をなさってください。室内でも油断をしないで、こまめな水分補給を心がけましょう。

④ 特に熱中症になりやすいのは、高齢者や子ども、障がい者の方々です。そんな方々には、3密(密集、密接、密閉)を避けながら、周囲の方からも「こまめに水分補給をして」「なるべく涼しくして」「体調に変化は?」など、積極的な声がけを行ってください。

⑤ 気温や湿度、暑さの指数を確認しましょう、tenki.jp「熱中症情報」でも確認できます。自分が今いる環境の熱中症危険度を知ることが大切です。