メイン画像

台風8号はあす13日の日中に東海・関東にかなり接近し、上陸する見通しです。関東ではあす午前から雨が降りだし、次第に荒れた天気となるでしょう。今回の台風は近づいてから急に雨・風が強まります。最新の気象情報をこまめにチェックしてください。

関東の雨の降り始め・ピークは?

画像A

台風8号は、きょう(12日)午後3時現在、日本の南をゆっくりした速さで北北東へ進んでいます。中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。あす(13日)日中には、東海や関東にかなり接近し、上陸する見通しです。

関東地方ではあす日付が変わるごろから、所々で台風周辺の雨雲がかかり始めるでしょう。台風の接近に伴い、次第に風も強まる見通しです。台風の本体に近い発達した雨雲は、昼前には、伊豆諸島や関東南部の沿岸にかかり、午後は関東南部に加え、関東北部でも、局地的に非常に激しい雨が降りそうです。

関東で、雨や風が最も強まるピークの時間帯は、あす夕方から夜遅くにかけてとみられます。この時間帯には、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る所もありそうです。道路が冠水してしまう可能性もあります。また、風も強まるため、横殴りの雨となって、傘が役に立たずに濡れてしまうことも考えられます。夜間は周囲の状況が見えずらく、危険です。不要不急の外出は控えた方がよいでしょう。警報級の大雨となる可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに注意・警戒が必要です。

また、海上では波が高くなってきていて、伊豆諸島ではきょうの夜のはじめごろから、関東南部でもあす朝以降は警戒が必要となりそうです。海のレジャーは控えてください。

台風8号 注意するポイント

台風8号の接近で注意していただきたいポイントのひとつは、「一気に雨・風が強まる」ということです。
台風8号は、風速15メートル以上の強風域の半径が300キロに満たない比較的小さな台風です。そのため、台風が接近してから急に雨や風が強まります。雨や風が強くないからといって油断することなく、「最新の予報」や「雨雲レーダー」などで気象の情報を得るようにしてください。

もうひとつのポイントは、「関東に最接近するのが夜」だということです。落雷や強風などにより停電することも考えられます。枕元などに懐中電灯の用意や、携帯電話の充電など停電への備えを済ませておいてください。
また、家の周りの側溝などの掃除や、飛ばされやすいものを屋内にしまうなど、台風への備えは、可能ならば、きょうこのあと数時間のうちに済ませてください。きょう暗くなってからや、あす風が強まってからは思わぬケガをする危険があるため、決して無理をしないでください。

雨・波・風の予想

画像C

<雨の予想>
あす(13日)午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
関東南部 180ミリ、
関東北部と伊豆諸島で 100ミリです。

その後、あさって(14日)午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
関東北部と関東南部、伊豆諸島で 100〜150ミリ となっています。


<波の予想>
きょう(12日)に予想される波の高さ
関東地方で 3メートルうねりを伴う
伊豆諸島で 4メートル うねりを伴う

あす(13日)に予想される波の高さ
関東地方で 5メートル うねりを伴う
伊豆諸島で 5メートル うねりを伴う


<風の予想>
きょう(12日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)
関東地方の海上 13メートル(25メートル)
伊豆諸島    15メートル(25メートル)
関東地方の陸上 13メートル(25メートル)

あす(13日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)
関東地方の海上 20メートル(30メートル)
伊豆諸島    20メートル(30メートル)
関東地方の陸上 18メートル(30メートル)

お盆時期の交通へも影響

画像D

お盆期間中の台風の接近・上陸は、交通へも影響を及ぼしそうです。
あす(13日)午後は、広い範囲で影響があるでしょう。特に、東海と関東をつなぐ道路や、関東南部の沿岸の道路は雨や風が強まり、影響が大きくなりそうです。都心部でも影響が出るおそれがあります。強雨で見通しが悪くなる可能性もあります。スピードは控えめに、車間距離を十分にとるようにしてください。また、帰省などで普段運転しない地域や道路を運転する機会もあると思いますが、いつも以上に安全運転を心がけてください。あわせて、内陸部や日本海側の道路への迂回など、計画の変更も検討してください。
台風による影響はあさって(14日)午前中までは残りそうです。

週明け以降の天気は、月曜日(15日)と火曜日(16日)は日差しが戻り、最高気温は35度前後と、猛烈な暑さとなりそうです。局地的には40度くらいの酷暑になると予想されます。体調管理に十分お気をつけください。
水曜日(17日)は前線の影響で雨が降りそうです。