きょう(15日)は、九州から関東は晴れ間の出る所が多いでしょう。ただ、午後は変わりやすい天気に。急な激しい雨や落雷、突風などに注意が必要です。西から前線が近づく北陸や東北、北海道は、あす(16日)にかけて再び大雨に警戒をしてください。

西から新たな前線が近づく

画像A

台風8号は、昨夜(14日)、千島近海で温帯低気圧に変わりました。また、北日本に大雨をもたらした前線も日本の東へ抜けました。しかし、西からは新たな低気圧や前線が近づいています。この低気圧や前線はあす(16日)にかけて、北日本を通過するでしょう。

きょうの天気 九州から関東は天気急変に注意

画像B

きょう(15日)は、沖縄は昼頃まで雨の降る所がありますが、日中はおおむね晴れるでしょう。九州と四国も午前中を中心に晴れて、強い日差しが照り付けそうです。ただ、昼頃からにわか雨や雷雨の所があるでしょう。中国地方は大体晴れますが、午後はにわか雨の所がありそうです。近畿、東海、関東甲信も雲が多めながらも晴れ間が出るでしょう。午後は変わりやすい天気で、局地的に雨雲や雷雲がかかりそうです。急な激しい雨や落雷、突風にご注意ください。

東北など再び大雨に警戒

画像C

低気圧や前線が近づく北陸と東北、北海道は、雲が広がりやすいでしょう。

北陸は朝から雨が断続的に降り、所々で雨雲が発達しそうです。午後は、東北北部から次第に広い範囲で雨が降りだし、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。あす(16日)にかけて、低気圧や前線が通過するため、再び大雨に警戒が必要です。

16日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
東北地方        150ミリ
北海道地方、北陸地方  100ミリ
その後、17日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
東北地方、北陸地方   100から200ミリ
北海道地方       100から150ミリ
の見込みです。

東北では、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があります。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

きょうの最高気温

きょう(15日)の最高気温は、平年並みか高い所が多いでしょう。北海道と東北は、きのう(14日)と同じくらいか低く、札幌は27℃くらいの予想です。関東から九州は、きのう(14日)と同じくらいか高く、東京都心と大阪は34℃くらい、福岡では36℃くらいまで上がるでしょう。こまめな水分補給や適度な塩分補給をして、熱中症にならないように万全の対策を心掛けてお過ごしください。