15日から19日にかけて、月が木星、火星に接近します。今夜は関東や九州南部などで観測のチャンスの所も。ぜひ帰省先や旅行先で夜空を眺めてみては?

月が木星・火星に接近

お盆後半の天体ショーは、月と木星・火星との接近です。きょう15日から19日にかけて、月は木星から火星へと徐々に明るい惑星に近づいていきます。この時期の木星と火星は、地平線から昇ってくる時刻で比べると2時間半近く違うぐらい離れていますが、月は木星から火星の間を4日ほどで移動します。毎日観察して、木星と火星の位置と月の位置を比べると、月が移動していく速さ(地球の周りを公転する速さ)を体感することができるでしょう。お子さんの夏休みの自由研究にも良さそうですね。

今夜の天気は?

画像B

今夜(15日)、観測に適しているのは関東や沖縄です。多少雲が広がりますが、観察することができそうです。北陸や九州南部も雲が多いですが、雲の間から観測できる所もありそうです。一方、北海道や東海、四国、九州北部などはあいにくの天気となりそうです。19日まで観察ができますので、ぜひ毎晩空を眺めてチャンスを狙ってみてくださいね。