関東地方は、きょう16日、最高気温は内陸で40℃以上になる所がある予想です。危険な暑さになります。夜も気温は下がりにくいでしょう。熱中症に警戒してください。

関東 16日の朝の最低気温 東京都心など25℃下回らず

画像A

きょう16日朝9時までの最低気温は、東京都心27.9℃、横浜市28.1℃など、25℃を下回らなかった所がありました。

関東 きょう16日は内陸で40℃以上も 東京都心なども猛暑

関東地方は、きょう16日、強い日差しが照り付ける見込みです。
最高気温は内陸で38℃くらいになるでしょう。局地的には、さらに上がり、埼玉県熊谷市では40℃以上の酷暑日になる予想です(「酷暑日」は日本気象協会独自でつけた名称で、日最高気温40℃以上の日です。気象庁が定義しているものではありません)。
東京都心、横浜市などは35℃前後でしょう。

危険な暑さになります。屋外での運動は、特別な場合以外は行わないようにしてください。外出はできるだけ避け、室内でエアコンを使用して、涼しくしてお過ごしください。

午後は北部を中心に、局地的に雨が降るでしょう。雷が鳴り、激しい雨が降ることもある見込みです。

関東 16日夜も気温下がりにくく 今夜も熱帯夜

画像C

関東地方は、きょう16日夜も、気温は下がりにくいでしょう。東京都心など、夜遅くにかけて30℃くらいで経過する所もある見込みです。

あす17日朝も、最低気温は25℃を下回らない所があるでしょう。

昼夜を問わず、万全な熱中症対策が必要です。

熱中症の応急処置

画像D

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。

まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。
衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。
水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。
ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。

暑さの原因 強い日差しとフェーン現象

きょう16日、本州付近は、西風が吹くでしょう。太平洋高気圧をまわる暖かい風です。
関東地方は、強い日差しが照り付りつけることに加えて、山越えの風が吹き降りることで気温が上がるフェーン現象も起こります。このため、内陸を中心に気温が上がるのです。