あす19日はカラッとした陽気となる所が多いでしょう。ただ、最高気温が30度以上の真夏日となる所が多く、その先も東日本・西日本を中心に暑さが続きそうです。引き続き、しっかりとした熱中症対策が必要です。

あす19日 全国広い範囲で青空広がる

画像A

きょう(18日)は、低気圧が北日本付近を進み、低気圧からのびる前線が本州を通過しています。北日本から西日本の所々で雨雲がかかっていて、局地的には雨量が多くなり、土砂災害の危険が高くなっている地域があります。きょう午後は、雨の中心は東北北部や北海道となっていて、土砂災害や低い土地の浸水や氾濫に警戒が必要です。

あす(19日)は、低気圧は日本の東の海上へ抜け、前線は本州の南まで南下するでしょう。北海道から中国・四国にかけては緩やかに高気圧に覆われて、晴れる所が多い見込みです。大気の不安定な状態は解消し、安定した晴れの天気となりそうです。
一方、前線に近い九州は、湿った空気の影響を受けるため、雲が広がりやすいでしょう。所々で雨がパラつきそうです。外出の際は、折りたたみ傘をお持ちになると良いでしょう。四国も太平洋側の地域で雨雲のかかる所がありそうです。

東北〜中国・四国はカラッとした暑さに

あすは晴れるエリアが多いですが、特に東北から中国・四国にかけては、乾いた空気に覆われる見込みです。
あすの湿度は、東北から中国・四国で、40%前後まで下がる予想で、カラッとした陽気になりそうです。一方、はじめ雨の降る北海道や、一日雲に覆われる九州では、湿度が高く、蒸し暑くなるでしょう。

熱中症に警戒

画像C

あすの最高気温は、北海道は25度前後、東北は30度前後の所が多いでしょう。関東から九州、沖縄にかけては30度以上の真夏日となる所が多く、西日本では35度以上の猛暑日となる所もありそうです。

各地で熱中症に警戒が必要です。
北海道や東北は「注意」または「警戒」レベル、関東から中国・四国にかけては「厳重警戒」の所が多いでしょう。また、湿度が高く蒸し暑い九州では「危険」なレベルが予想されています。決まった時間にこまめに水分をとるよう意識したり、無理をせずに休憩をとったりして、熱中症に警戒してください。沖縄も「危険」なレベルになっています。

天気は周期変化 東日本・西日本は真夏日が続く

画像D

この先、天気は周期的に変わりそうです。
あさって土曜日(20日)は前線の影響で、北海道から九州にかけて雨が降るでしょう。日曜日(21日)は東海や近畿で雨が降りそうです。
月曜日(22日)は晴れる所が多いですが、火曜日(23日)以降は前線の影響で、東日本や西日本では曇りや雨の日が多くなるでしょう。

最高気温は、東日本と西日本、沖縄で、30度以上の真夏日となる日が多い予想です。8月も後半となりますが、熱中症に警戒が必要な日が続きそうです。
北海道は25度前後、東北は30度くらいまで気温が上がる日もある予想です。