向こう1か月は、暖かい空気が流れ込みやすく、平均気温は平年より高い見込みです。気圧の谷の影響を受けやすいため、降水量は平年並みか多く、日照時間は平年並みか少ないでしょう。8月中は、天気がぐずつき、数日の周期で雨が降りそうです。8月終わり頃は急に肌寒くなる日もありますが、9月になると爽やかな秋の空が広がり、過ごしやすい気温の日が多くなりそうです。

1週目(8月20日〜8月26日) 天気ぐずつき、空気じめじめ

気圧の谷の影響を受けるため、曇りの日が多く、数日の周期で雨が降るなど、天気がぐずつくでしょう。晴れた日には、日差しを有効利用した方がよさそうです。気温は平年より高く、湿度も高めとなるため、空気がじめじめとする日が多いでしょう。夜は気温が下がりにくい日もあり、もうしばらくは寝苦しい夜がありそうです。

2週目(8月27日〜9月2日) 日差し少なく、肌寒い日も

引き続き、気圧の谷の影響を受けるでしょう。天気は数日の周期で変わりますが、平年と比べて晴れる日が少ない見込みです。気温は平年並みとなるでしょう。ここまでは気温が平年より高い傾向が続くため、急に肌寒くなったと感じるかもしれません。また、一年の中でも台風が発生しやすい時季でもあるため、日々の天気予報のチェックを忘れずにしましょう。

3〜4週目(9月3日〜9月16日) 秋の空 さわやかな空気

北海道付近を移動性高気圧が通過するようになる見込みです。天気は数日の周期で変わりますが、8月後半よりも晴れる日が多くなるでしょう。移動性高気圧は大陸から乾いた空気を運んでくるため、澄みきった秋空の広がる日が期待できます。気温は平年並みか高く、日差しの暖かさを感じられる日もあるでしょう。9月になったら、秋の陽気を満喫できそうです。