この先は、天気は短い周期で変化。前線や湿った空気の影響を受けやすく、たびたび雨が降るでしょう。晴れる日は強い日差しと熱中症にも引き続きご注意ください。

8月20日〜26日

この週末は、日本海から前線が近づき、本州を通過する見込みです。
20日は、日本海側から雨が降り出し、太平洋側も午後はにわか雨や雷雨となるでしょう。東海や九州では局地的に雨雲が発達し、激しい雨や雷雨となりそうです。道路の冠水などに注意が必要です。
21日は、各地で晴れ間が出て、厳しい暑さでしょう。西日本などで猛暑日の所もありそうです。紫外線対策や熱中症対策を万全にしてください。
週明け、22日も晴れる所が多いでしょう。23日も関東から近畿を中心に晴れる所がありますが、前線が近づく北海道や東北は雲が広がり、雨が降りそうです。24日と25日は再び前線が南下して、東北から九州も雨の降る所が多くなりそうです。

8月27日〜9月1日

画像B

2週目も北海道や東北を中心に晴れる日は長くは続かず、前線や湿った空気の影響を受けやすいでしょう。平年よりも晴れる日が少ない見込みです。
27日は、北海道から近畿にかけて広く雨が降る見込みです。28日は天気が回復して晴れる所が多いでしょう。沖縄は雨となりそうです。その後も関東は29日頃までは晴れ間がありますが、30日から9月1日頃にかけて雨の降る日が続きそうです。東海から九州は晴れる日が多いでしょう。
ただ、台風シーズンですので、新たな台風の発生などにも注意が必要です。

最高気温は、平年並みか平年より低い日が多く、東京都心では30℃に届かない日が多くなりそうです。一方、東海から九州は30℃以上の日もあり、まだまだ厳しい残暑が続くでしょう。