秋雨前線の影響で、30日(火)以降は、西日本と東日本を中心に大雨のおそれ。一方、南の海上に新たな台風が発生か。沖縄に影響が出る可能性も。

前半:27日(土)〜9月2日(金) 秋雨前線停滞で大雨のおそれ

画像A

あす27日(土)から29日(月)にかけては、東海から東北は前線や湿った空気の影響で、曇りや雨の所が多いでしょう。あす27日(土)を中心に前線の活動が活発になり、関東の内陸などでは滝のような「非常に激しい雨」が降る所がありそうです。大雨による土砂災害や低い土地の浸水などに、注意、警戒してください。一方、沖縄や九州から近畿は晴れる所が多く、厳しい残暑が続くでしょう。

30日(火)以降は、本州付近に前線がのびて、広い範囲で雨が降りそうです。強弱を繰り返しながら雨が降るでしょう。九州から関東を中心に、大雨になるおそれがあります。前線の位置によって、発達した雨雲のかかる場所も変わるため、雨雲レーダーなどをこまめにチェックして、早めに備えをしてください。

また南の海上を進む予想の低気圧は、今後台風に発達して、沖縄県の先島諸島に接近する可能性があります。最新の情報を確認してください。

後半:9月3日(土)〜8日(木) 台風シーズン 備えを

画像B

9月6日(火)頃までは、西日本を中心に雨の降り続く所がありそうです。最新の予想では、南の海上の低気圧(台風に発達する可能性あり)の影響で、沖縄は9月4日(日)と5日(月)に雨や風が強まるでしょう。まだ予報には幅がありますが、大荒れの天気になるおそれもあります。その後、7日(水)以降は天気が回復する所が多く、九州から東海では再び真夏のような暑さになるでしょう。

9月に入り、台風シーズンを迎えます。たとえ台風から離れていても本州付近に停滞する秋雨前線の活動が活発になり、過去には大きな災害が発生しています。予定の変更なども含めて、無理のない行動をとることが大切です。