きょう(29日)も、東海から九州、沖縄は最高気温30℃以上の真夏日の所が多く、35℃以上の猛暑日に迫る所もありました。あす(30日)も西日本は真夏日が続き、九州などで猛暑日の所も。湿度が高く蒸し暑さがアップしそうです。一方、関東から北海道は、朝晩中心に秋の気配が感じられそうです。

29日 35℃以上の猛暑日に迫る所も

きょう(29日)は、日中は晴れた所が多く、東海〜九州、沖縄では最高気温(15時まで)30℃以上の真夏日の所が多く、35℃以上の猛暑日に迫る所もありました。

15時までの最高気温は、大阪の八尾空港で34.7℃、長崎県南島原市で34.6℃、大阪市で34.3℃など、近畿〜九州で35℃近くまで上がりました。大阪市の湿度は40%台まで下がり、割合カラッとした暑さとなりました。その他、那覇市32.5℃、福岡市32.9℃、広島市32.1℃、名古屋市31.7℃、仙台市26.7℃、札幌市25.1℃など。北日本は、きのう(28日)より高い所が多く、日中は快適な陽気となりました。

一方、東京都心の最高気温は28.0℃と、9月中旬並み。北東からの涼しい風が入り、朝は栃木県の那須高原で立秋以降、はじめて10℃を下回るなど、寒いくらいの所もありました。

あす30日 西日本は猛暑日の所 蒸し暑さアップ

画像B

あす(30日)は、朝鮮半島から日本海に前線が延び、日本付近には暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。全国的に曇りや雨の所が多くなりますが、東海から九州、沖縄は所々で最高気温30℃以上の真夏日に。鹿児島など、九州では35℃以上の猛暑日の所もありそうです。

きょう(29日)と違う点は、湿度がアップする事。西日本では、かなり蒸し暑くなりますので、こまめに水分補給や休憩をとり、熱中症に注意しましょう。

一方、関東は朝晩を中心に秋の気配が続きます。あす(30日)の朝は、東京都心で20℃まで下がり、窓を開けたまま寝ると風邪を引いてしまいそうです。体調管理にご注意下さい。