この先の東北地方は、雨が強弱を繰り返しながら断続的に降る見込み。目先のポイントとして、31日(水)から9月1日(木)は東北北部で警報級の大雨の恐れ。台風から離れている東北地方も、大雨への備えが必要。6日(火)から7日(水)は台風の接近に伴って風が強まり、海上は波が高くなりそう。今後の台風の進路にも注意。

【前半】あす31日〜9月1日(木) 東北北部で大雨の恐れ

画像A

あす31日は、秋雨前線が日本海から東北地方を通って日本の東へのびるでしょう。前線上の日本海に低気圧が発生して夜にかけて津軽海峡付近へ進む見込みです。前線や低気圧に向かって台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発になりそうです。特に前線に近い東北北部では、1時間に30ミリの雷を伴った激しい雨が降り、警報級の大雨の恐れがあります。9月1日(木)にかけて、土砂災害や低い土地の浸水、急な川の増水に注意・警戒して下さい。また、落雷や突風、ひょうに注意が必要です。
※あす31日6時から9月1日6時までに予想される24時間降水量は、東北北部の多い所で、100から150ミリです。先日、大雨の被害の大きかった地域でも、100ミリを超える大雨となる恐れがあります。ハザードマップなどを見て、あらかじめ避難場所や避難経路を確認しておくと良さそうです。

9月1日(木)は前線が南下するでしょう。晴れ間がある東北南部太平洋側でも、午後は雨が降る見込みです。福島県を中心に雷を伴い雨脚の強まる所がありそうです。

その後も前線や湿った空気の影響で雨が降りやすく、雨の量が多くなる恐れがあります。また、6日(火)から7日(水)は台風の接近に伴って風が強まり、海上は波が高くなりそうです。交通機関に大きな影響が出る恐れがあるため、こまめに最新の台風情報や気象情報を確認して下さい。

【後半】7日(水)は貴重な晴れ間

画像B

9月7日(水)は各地で天気が回復し、晴れ間の戻る所が多いでしょう。ただ、8日(木)以降は雨の範囲が次第に北へと広がり、10日(土)から12日(月)は広く雨が降りそうです。

最高気温は平年並みか低い所が多いものの、日差しが出ると30℃くらいまで上がる可能性があります。引き続き熱中症に注意が必要です。