あす31日(水)の関東は、昼頃から晴れ間が出て、厳しい暑さになりそう。東京都心など熱中症「危険」レベルの所も。万全の対策が必要。9月2日(金)以降は雨の降る日が多く、台風の動きや秋雨前線の影響で雨や風が強まる恐れも。最新の台風情報に注意を。

あすの関東 昼頃から日差し 沿岸部はうねりを伴う高波に注意

画像A

あす31日(水)の関東には、台風11号の周辺や、太平洋高気圧のふちを回る暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。

関東は、朝まで所々でにわか雨がありますが、昼頃から晴れ間の出る所が多くなりそうです。北部の山沿いでは、夜にかけて雨の降る所がありますので、お出かけの際は雨具があると安心です。

千葉県や神奈川県、茨城県の沿岸部では、台風11号からのうねりが入って波が高いでしょう。船舶は高波に注意してください。

厳しい残暑 湿度が高く、熱中症のリスクが高まる

画像B

暖かい空気が流れ込むため、日中にかけて気温が上がる見込みです。最高気温はきょう30日(火)より高く、東京都心や横浜、熊谷は34℃、水戸は33℃、前橋や宇都宮、銚子は32℃の予想です。湿度が高く、体にこたえる暑さとなりそうです。

熱中症情報をみますと、東京都心や横浜、銚子、熊谷では「危険」レベル、そのほかの地域も「厳重警戒」レベルとなっています。湿度が高いと、汗が蒸発しにくく、体の中に熱がこもりやすくなるため、熱中症のリスクが高まります。綿や麻など通気性の良い素材や、吸湿性や速乾性に優れた素材の衣服を選ぶと良いでしょう。衣服の中や体の表面に風を通すことができるように、適度にゆとりのある服装がおすすめです。こまめに換気をして、部屋の温度や湿度を調整しましょう。

来週は暴風雨の恐れも

画像C

2日(金)以降は、秋雨前線や湿った空気の影響で、雨の降る日が多いでしょう。あす31日(水)の午後からあさって1日(木)にかけての日差しが貴重なものになりそうです。有効にお使いください。

なお、非常に強い台風11号は、3日(土)以降、進路を北よりに変えて、西日本に接近または上陸する可能性があります。台風の動きや進路、秋雨前線の影響で、関東でも6日(火)ごろは雨や風が強まり、局地的に大雨になる恐れがあります。最新の台風情報を確認し、早めに大雨や暴風への備えをなさってください。