きょう31日、猛烈な台風11号が接近中の大東島地方は記録的な暴風となるおそれ。沖縄本島地方も夕方から暴風となるでしょう。また、前線や低気圧の影響で北海道や東北北部を中心に大雨となるおそれがあります。

猛烈な台風11号 大東島に接近中 記録的な暴風の恐れ

画像A

きょう31日、猛烈な台風11号が接近中の大東島地方は一部の住家が倒壊するおそれもある猛烈な風が吹き、記録的な暴風となるおそれがあります。屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒してください。海上では猛烈なしけとなるでしょう。沖縄本島地方も夕方から暴風となり、海上は急激に波が高まり、大しけとなる見込みです。暴風や高波に警戒が必要です。

北海道や東北北部を中心に大雨の恐れ

画像B

きょう31日、前線が日本海から北日本を通って日本の東へのび、前線上の低気圧が北日本に近づく見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、広く大気の状態が不安定になるでしょう。

北海道の日本海側南部や太平洋側、東北北部は雷を伴って激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨となる可能性があります。東北南部も雲が多く、所々で雨が降るでしょう。

関東は晴れ間は出ますが、所々で雨や雷雨になりそうです。東海は朝晩を中心に雨が降り、雷を伴って非常に激しい雨の降る所があるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。北陸や近畿から九州も雲が広がりやすく、あちらこちらで雨雲や雷雲が発達するでしょう。局地的には雷を伴って激しい雨が降りそうです。