今日31日の北海道は、前線や前線上を通過する低気圧の影響で太平洋側を中心に大雨となる恐れがあります。明日1日にかけて大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意して下さい。

明日にかけて警報級の大雨となる恐れも

画像A

前線が日本の東から東北地方を経て日本海にのびており、また、前線上の低気圧が日本海を北東に進んでいます。この低気圧は今夜には津軽海峡付近に達し、明日にかけて北海道の南岸を通過する見込みです。この影響で北海道では午前から太平洋側を中心に広く雨が降っています。なお、この前線や低気圧に向かって台風第11号や太平洋高気圧由来の暖かく湿った空気が流れ込むため北海道では大気の状態が不安定となるでしょう。
これらの影響で北海道地方では今後も明日午前にかけて広く雨となり、これから雨のピークを迎える見込みです。日高山脈周辺など、太平洋側の山沿いを中心に時間雨量30〜40ミリと激しい雨となる恐れがあり、また、強い東よりの風が雨を伴い、横なぐりの雨となる所もあります。天気の急変や横風による交通障害などに注意して下さい。

100ミリを超える大雨に・・・

画像B

明日朝6時までの24時間に降る雨の量はいずれも多い所で、太平洋側の渡島地方と日高地方で150ミリ、胆振地方と十勝地方で120ミリとなっています。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意して下さい。また、雨雲も動きや発達の程度によっては、今後警報級の大雨となる恐れがあります。最新の気象情報にも注意が必要です。
また低気圧の接近に伴い、太平洋側の沿岸では波の高くなる海域もあるでしょう。船舶関係は高波にも注意して下さい。