台風11号からは離れている東北地方ですが、秋雨前線の活動が活発となっているため、あす(木)にかけては東北北部で大雨となる所がある見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要です。

今夜は青森県や秋田県を中心に激しい雨の恐れ

画像A

きょう(水)は前線や湿った空気の影響で、東北北部で雨の降った時間が長くなりました。
このあと、今夜は前線上の低気圧が津軽海峡付近へ進むでしょう。このため、青森県では引き続き、雨の降り方が強まりそうです。また、この低気圧や前線に向かって南から台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、秋田県や岩手県の内陸でも活発な雨雲が流れ込むでしょう。
夜の暗い時間帯に雨脚が強まるため、早めの行動が重要となってきます。避難が難しい場合は、なるべく崖から離れた部屋の2階部分など比較的安全性の高い所へ移動する「垂直避難」も有効です。

あす(木) 北部では雨量がさらに増える 午後は南部でも局地的に激しい雷雨の恐れ

画像B

9月スタートとなるあす(木)は、低気圧が北海道へ進み、この低気圧から延びる前線が東北地方を南下する予想です。東北北部では引き続き、バケツをひっくり返したような激しい雨や雷雨となる所があるでしょう。雨量がさらに増える恐れがあります。増水した川や急な斜面などには絶対に近づかないようにして下さい。また、午後は東北南部でも前線周辺の活発な雨雲がかかるため、局地的に雷を伴って激しい雨が降る予想です。急な激しい雨や落雷、突風など天気の急変にご注意下さい。


あす(木)朝6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
東北日本海側北部 120ミリ
東北太平洋側北部 100ミリ

その後、あす(木)朝6時から2日(金)朝6時までに予想される24時間降水量は、
いずれも多い所で、
東北日本海側北部 50から100ミリ
東北太平洋側北部 およそ50ミリ