きょう1日(木)は、秋雨前線に伴う雨雲が東北から九州に。雷雨や激しい雨も。沖縄は台風11号の影響で荒れた天気が続く。

秋雨前線 本州から九州に停滞 活動は活発

昨夜(31日)からきょう1日の未明にかけて、秋雨前線に伴う活発な雨雲が本州の日本海側にかかり、北陸を中心に雨脚が強まりました。午前5時30分現在、石川県では土砂災害警戒情報の発表されている所があります。また、前線から比較的離れた太平洋側の地域でも、南からの湿った空気の影響で所々で雨雲が発達。三重県伊勢市で1時間45.0ミリ(1日0時4分まで)を観測するなど、激しい雨の降った所があります。

引き続き、秋雨前線や湿った空気の影響で雨雲や雷雲が発達するでしょう。これまでの雨で地盤の緩んでいる所があるうえ、さらに雨が続き、土砂災害の危険度が高まる恐れがあります。低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも注意・警戒が必要です。

九州から東海、北陸は雨が降ったりやんだりで、雷の鳴ることや、雨脚の強まることも。所々で、道路が冠水するような激しい雨が降るでしょう。
関東甲信は日差しが届きますが、変わりやすい天気。急に降ってくる強い雨や雷雨にお気を付けください。
東北は、北部では昼頃まで、南部では昼頃から、広く雨が降り、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。
北海道は、まとまった雨雲は離れましたが、湿った空気の影響が残るため所々でにわか雨がありそうです。

台風11号 沖縄は先島諸島を中心に荒れた天気が続く

画像B

台風11号は、午前3時現在、非常に強い勢力で、中心の気圧は935hPa。宮古島の南東約160キロにあって、1時間におよそ25キロの速さで南西へ進んでいます。今後、発達しながら沖縄の南へ進む見込みです。
きょう1日も風の強い状態が続き、宮古島など先島諸島では最大風速20m/sと、何かにつかまらないと立っていられないような非常に強い風の吹く所があるでしょう。海はうねりを伴ったシケの状態が続き、先島諸島では大シケとなりそうです。また、台風の中心は少し南へ離れるものの、周辺の高温多湿な空気の影響で大気の状態が不安定。急に強まる雨、落雷、突風に十分な注意が必要です。
なお、台風11号は、あす2日にかけて沖縄の南で動きがゆっくりとなりますが、3日から4日頃にかけては北上し、再び沖縄地方にかなり接近する見込みです。