きょう1日発表された最新の1か月予報によると、この先、気温は全国的に平年より高い予想で、残暑が続くでしょう。西日本や沖縄・奄美では台風の影響などで雨量が多くなるおそれがあります。

残暑が続く 9月は全国的に高温傾向

気象庁がきょう(1日)発表した最新の1か月予報によりますと、この先、1か月の気温は全国的に平年より高い見込みです。

1週目(9月3日〜9日)は、台風11号の影響で南から暖かく湿った空気が流れ込みやすく、西日本と沖縄・奄美では平年より高い予想です。また、北日本、東日本は、平年並みか高いでしょう。
2週目(9月10日〜16日)は、日本付近の偏西風が北を通るため、日本付近は暖かい空気に覆われやすい見通しです。そのため、北日本・東日本では平年より高く、西日本と沖縄・奄美は平年並みか高い予想です。
3〜4週目(9月17日〜30日)も、日本付近には暖かい空気が入りやすい状況が続きます。そのため、気温は全国的に平年より高いでしょう。

9月は厳しい残暑が続きそうです。8日は二十四節気の「白露」、野の草に白い露が宿って白く見えるころですが、日中は暑さ対策が必要でしょう。23日は「秋分の日」で、引き続き高温傾向ですが、このころには、次第に朝晩はヒンヤリとしてくるでしょう。調整しやすい服装で、体調を崩さないようにお気をつけください。

西日本は降水量が多くなる

画像B

天気の傾向をみていきます。
来週にかけては、台風11号の影響があるでしょう。期間のはじめは沖縄に近づき、その後、西日本にも影響を及ぼすおそれがあります。さらに来週はじめごろには、東日本にも影響が出る可能性があります。西日本や沖縄・奄美ではその後も、南からの暖かく湿った空気の影響を受けやすい見通しです。
そのため、この先1か月は、日照時間は西日本と沖縄・奄美で平年並みか少なく、降水量は、西日本は平年並みか多い、沖縄・奄美は平年より多い予想です。一方、北日本と東日本は、日照時間・降水量ともに平年並みの予想です。

台風11号の進路次第では、西日本を中心に総雨量が多くなるおそれがあります。最新の気象情報を確認するようにしてください。

台風シーズン 前もって備えを

画像C

現在、台風11号が沖縄付近にあって、来週にかけて影響を及ぼす見通しです。日本の南では海面水温の高くなっていて、台風が発生すると発達しやすい状況です。
台風の発生数の平年値は、8月は5.7個、9月は5.0個と、9月もいわゆる「台風シーズン」です。あらためて、自宅や職場の周りの危険な場所といざというときの避難場所を確認しておく、非常用持ち出し袋の中身をチェックするなど、大雨に対する備えを進めておいてください。

【北日本】北海道・東北地方
【東日本】関東甲信・北陸・東海地方
【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部
【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方