雨雲レーダーを見ますと、2日金曜11時現在、関東の所々で雨雲が発達しています。午後は、南部を中心に、雨や雷雨となるでしょう。雨雲は、1日木曜ほど発達しない見込みですが、帰宅時間帯も傘があると安心です。

「激しい雨」を観測した所も 雨の原因は?

画像A

2日金曜午前中の関東は、広い範囲で雨が降っています。雨雲レーダーを見ますと、11時現在、神奈川県を中心に、所々で雨雲が発達しています。

千葉県銚子市では、8時3分までの1時間に37.5ミリの「激しい雨」を観測しました。9時の天気は、東京都心では「にわか雨」、水戸市は「雨(並)」、横浜市や前橋市では「雨(弱)」でした。

この雨の原因は、本州付近に停滞する前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んでいるからです。

そのため、大気の状態が不安定になり、11時現在、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・栃木県に、広い範囲に「雷注意報」が発表されています。また、神奈川県・千葉県・茨城県の一部には「大雨注意報」も発表されています。

午後は 南部を中心に雨や雷雨

画像B

関東では、2日金曜午後も、南部を中心に雨が降るでしょう。大気の不安定な状態が続くため、局地的に雷が鳴りそうです。落雷や突風、急な激しい雨に、注意が必要です。

雨は、夕方以降、次第に止む見込みですが、帰宅時間帯も、まだ所々で雨や雷雨となるでしょう。1日木曜ほど、雨雲が発達することはない見込みですが、2日木曜のお帰りの時間帯も、念のために傘をご用意ください。