台風11号は非常に強い勢力で石垣島や宮古島など先島諸島に直撃のおそれ。一部の住家が倒壊するおそれもある猛烈な風が吹く所があるでしょう。西日本や東日本も前線の影響で、台風接近前から大雨に警戒を。来週は九州に台風が接近するおそれもあります。

台風の進路

2日(金)15時、非常に強い台風11号は、石垣島の南南東約290キロにあって、1時間におよそ10キロの速さで北西へ進んでいます。

台風は北上し、3日(土)夜のはじめ頃から4日(日)未明にかけて非常に強い勢力を維持して、先島諸島へかなり接近する見込みです。その後、台風は5日(月)にかけて東シナ海を北上し、6日(火)には九州へ接近するおそれがあります。

沖縄地方 先島諸島では猛烈な風

画像B

3日(土)から4日(日)にかけて先島諸島では一部の住家が倒壊するおそれもある猛烈な風が吹き、猛烈にしける所がある見込みです。風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。台風の動きが遅いため、先島諸島では暴風が長時間続くでしょう。沖縄本島地方でも、3日(土)夜のはじめ頃から非常に強い風が吹き、大しけとなる見込みです。

3日(土)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は
沖縄地方:50メートル(70メートル)
4日(日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は
沖縄地方:40から50メートル(55から70メートル)

3日(土)にかけて予想される波の高さは
沖縄地方:10メートル
4日(日)に予想される波の高さは
沖縄地方:10メートル

また、台風本体や台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、4日(日)にかけて雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。

3日(土)18時までの24時間に予想される雨量は多い所で
沖縄地方:150ミリ
その後、4日(日)18時までの24時間に予想される雨量は多い所で
沖縄地方:200から300ミリ

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

西日本〜東日本 台風が接近前から大雨に警戒

画像C

2日(金)、前線が西日本から東日本へのびています。前線に向かって、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、西日本から東日本を中心に大気の状態が非常に不安定となっています。2日(金)、所々で雨雲や雷雲が発達し、静岡県では浜松市浜北などで猛烈な雨が降り、相次いで「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

前線は4日(日)にかけて本州付近に停滞する見込みです。九州から関東を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。

3日(土)18時までの24時間に予想される雨量は多い所で
東海地方:150ミリ
九州北部地方、四国地方:120ミリ
その後、4日(日)18時までの24時間に予想される雨量は多い所で
九州南部、四国地方:100から200ミリ
奄美地方、九州北部地方、東海地方:100から150ミリ

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

来週は九州に台風が接近か

画像D

5日(月)から6日(火)頃には台風が九州に近づき、九州では大荒れの天気となる恐れがあります。交通機関への影響にも注意が必要です。台風の進路によっては、中国地方や近畿、北陸などでも雨や風が強まるでしょう。高波にも注意が必要です。

東北や北海道でも台風の進路によっては6日(火)から7日(水)にかけて暴風や大しけとなるおそれがあります。最新の台風情報にご注意ください。