台風11号は、あす6日未明から明け方にかけて、九州北部地方に最も接近するおそれがあります。西日本では、あす6日にかけて暴風やうねりを伴った高波、高潮、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、特に、九州では厳重な警戒が必要です。北陸や北日本でも、あす6日〜あさって7日にかけて、風が吹き荒れますので、台風への備えは、早めに行ってください。

予想進路は?

画像A

台風11号は、5日月曜午前3時現在、「大型」で「非常に強い」勢力で、東シナ海を1時間におよそ15キロの速さで北へ進んでいます。

台風は、5日月曜午後には次第に進路を東よりに変えて、5日月曜夕方から6日火曜朝にかけて九州北部地方にかなり接近し、その後、日本海を北北東に進む見込みです。

台風が予報円の中心付近を進みますと、九州北部地方の早い所では、5日月曜夜のはじめ頃(
(18時〜21時頃)に、風速25メートル以上の暴風域に入る見込みです。

予想される風・波

画像B

画像C

この台風11号の影響により、南西諸島や九州北部地方では、すでに大しけとなっている所があります。

台風の北上に伴い、西日本では6日火曜にかけて非常に強い風が吹くでしょう。九州北部地方では、「猛烈な風」が吹きそうです。「猛烈な風」とは、走っているトラックが横転したり、屋外の行動は危険なレベルです。

また、南西諸島や西日本では6日火曜にかけて、九州では猛烈なしけとなる所があるでしょう。

さらに、台風は、温帯低気圧に変わりながら北上する予想です。7日水曜は、北海道地方でも台風から変わる温帯低気圧の影響で、非常に強い風が吹き、大しけとなる所がありそうです。

6日火曜にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州北部地方      35メートル(50メートル)
九州南部、中国地方   25メートル(35メートル)
四国地方、北陸地方、北海道地方 23メートル(35メートル)
沖縄地方、奄美地方、近畿地方 20メートル(30メートル)

7日水曜に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
北海道地方   20から24メートル(30から40メートル)

6日火曜にかけて予想される波の高さは、
九州北部地方         12メートル
九州南部           10メートル
沖縄地方、奄美地方、中国地方  8メートル
四国地方、近畿地方、北陸地方  5メートル
北海道地方           4メートル

7日水曜に予想される波の高さは、
北海道地方        6から8メートル
北陸地方、東北地方    4から5メートル
の見込みです。

西日本では、6日火曜にかけて暴風に警戒が必要です。特に、九州北部地方では、不要不急の外出を控え、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。

また、全国的にうねりを伴った高波に警戒し、九州では6日火曜にかけて、うねりを伴った高波に、厳重に警戒してください。

台風が近づく前の対策 暴風に備えて

画像D

台風の暴風が怖いのは、いざ暴風になると、身動きが取れなくなるということです。そこで、暴風に対して、事前に3つの点について、確認したり、備えたりしておく必要があります。

1つめは、雨どいや側溝などを掃除して、水はけを良くしておきましょう。落ち葉などで側溝が詰まって水が流れないと、道路が冠水する原因となります。

2つめは、屋外に置かれている、飛ばされやすいもの(物干し竿、鉢植え、ゴミ箱など)は、しっかり固定するか、室内にしまうなどの対策をしましょう。商店などでは、看板が飛ばされたり、自動販売機が倒れたりしないか、確認してください。

3つめは、暴風で飛ばされてきたもので、窓ガラスが割れないよう、窓は鍵をかけ、雨戸があれば閉めましょう。窓ガラスにガムテープを貼ると、風圧に耐えられるようになります。もしガラスが割れても、破片が飛び散るのを防ぐために、カーテンも閉めておいてください。

高潮にも警戒

また、西日本では、6日火曜にかけて台風の影響で潮位が高くなり、警報級の高潮となる所があるでしょう。

海岸や河口付近の低地では、高潮や高潮と重なり合った高波による浸水などにも、厳重に警戒してください。

予想される雨量

画像F

また、台風が近づくと、台風本体の発達した雨雲がかかるでしょう。

西日本を中心に、6日火曜にかけて雷を伴った「非常に激しい雨」が降り、局地的には「猛烈な雨」が降って、大雨となる所がありそうです。

6日火曜6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
九州南部               300ミリ
九州北部地方、四国地方        250ミリ
奄美地方、近畿地方、東海地方     120ミリ

その後、7日水曜6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
四国地方             200から300ミリ
近畿地方、東海地方        100から200ミリ
中国地方             100から150ミリ
となっています。

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。特に、九州では厳重な警戒が必要です。