台風の北上で、警戒が必要なのは、雨や風だけではありません。暖かい空気を運んでくるので、5日月曜は最高気温は、九州〜近畿・北陸の所々で、35℃くらいまで上がるでしょう。危険な暑さの所もありますので、9月でも熱中症に警戒してください。

最高気温 九州〜近畿・北陸は35℃くらいの所も

画像A

5日月曜は、台風11号が東シナ海を北上するでしょう。台風の北上に伴って、暖かい空気が、本州付近にも流れ込んできそうです。

そのため、最高気温は、九州〜近畿・北陸では、35℃くらいまで上がる所があるでしょう。広島・大阪・金沢・新潟は34℃の予想です。「猛暑日(最高気温35℃以上)」の地点は、4日日曜は全国のアメダスで10地点でしたが、5日月曜は更に増える可能性があります。

東海や関東では、最高気温は32℃くらいの所が多いでしょう。こちらも、暑さが厳しくなりそうです。

また、気温が高いだけでなく、湿度も高いでしょう。湿度が高いことも、熱中症を引き起こす原因の一つです。9月でも、熱中症の危険度が高まるおそれがあります。

各地の熱中症情報 「熱中症警戒アラート」が発表されている所も

「熱中症情報」を見ますと、新潟・金沢・大阪・高知・広島は、一番上のレベルの「危険」となっています。東京・名古屋・福岡・鹿児島・那覇は「厳重警戒」です。

また、石川県と香川県には「熱中症警戒アラート」が発表されています。万全な熱中症対策を、心がけてください。

熱中症警戒アラート発表時 とるべき行動は

画像C

熱中症警戒アラートが発表された所では、熱中症にかからないよう、積極的にとるべき行動が5つあります。

①外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう。熱中症を予防するためには、暑さを避けることが、最も重要です。不要不急の外出は、できるだけ避けてください。屋内では昼夜を問わず、エアコンなどを使用して、部屋の温度を調整しましょう。

②屋外や、エアコンが設置されていない屋内での運動は、外での運動は、原則、中止や延期をしましょう。

③普段以上に、熱中症予防行動を実践しましょう。のどが渇く前に、こまめに水分を補給したり、なるべく涼しい服装を心がけたりしてください。屋外で、人と十分な距離を確保できる場合は、適宜マスクをはずしましょう。

④熱中症のリスクが高い方に、声かけをしましょう。高齢者や子ども、持病のある方、肥満の方、障害のある方などは、熱中症にかかりやすいため、「夜間でもエアコンを使う」「こまめな水分補給を心掛ける」など、周りの方が声をかけてください。

⑤暑さ指数(WBGT)を確認しましょう。暑さ指数は、時間帯や場所によって、大きく異なります。環境省熱中症予防情報サイトなどで確認して、暑さ指数を行動の目安にしてください。