東海地方では、南東方向から湿った風が吹き付け、三重県を中心に雨雲が発達しています。三重県の伊勢志摩地域では、8月31日からの降り始めからの雨量(きょう5日15時まで)は、鳥羽市や志摩市、南伊勢町で、300mmを超えています。今夜からあす6日にかけては、三重県だけでなく、その他の地域でも、局地的な大雨に注意・警戒して下さい。

今夜からあす6日の見通し

画像A

大型で強い台風11号は、きょう5日14時現在、東シナ海にあって、北北東に時速20kmの速さで進んでいます。台風は次第に速度を上げて、あす6日は、日本海を北東へ進む見込みです。
東海地方は、台風の暴風域(風速25m以上の暴風が吹いているか吹く可能性がある赤い円のエリア)には入らない予想です。ただ、強風域(風速15m以上の強風が吹いているか吹く可能性がある黄色い円のエリア)には入る予想です。
あすにかけて予想される波の高さは、東海地方の高い所では3mで、うねりを伴うでしょう。沿岸の地域や海上を中心に強風に注意し、海岸付近には、絶対に近づかないようにして下さい。

局地的な大雨に注意 三重県では更に雨量増える

画像B

台風が日本海を北上すると共に、東海地方は、南東の風から次第に南の風に変わり、湿った空気が入りやすい状態が続くでしょう。
今夜以降、あすにかけては、雨が長く降り続くというより、時折り、晴れ間が出たり、ザっと雨が降ったりと変わりやすい天気となりそうです。この後は、三重県だけでなく、所々で、局地的に雷を伴って激しい雨が降る見込みです。すでに大雨となっている三重県では更に雨量が増えるでしょう。「昼間なのに真っ黒い雲が近づく」、「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」、「急に冷たい風が吹く」などの空模様の変化に気をつけて下さい。

週間天気

画像C

7日(水)には、台風11号は温帯低気圧に変わる見込みで、東海地方からはかなり離れるでしょう。ただ、台風が去った後も、湿った空気が入りやすい状態が続き、また、9日〜10日頃には、台風のたまごである熱帯低気圧が、日本の南を北上してくる可能性があります。
7日から8日にかけては、引き続き雨が降りやすいでしょう。その先も、晴れ間が出ても天気は安定せず、変わりやすい天気となりそうです。なお、熱帯低気圧の動き次第では、予報が大きく変わる可能性があるため、最新の予報をこまめに確認するようにして下さい。