きょう7日、関東は午後は断続的に雨が降るでしょう。東海も所々で雨や雷雨になりそうです。局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。北海道は晴れますが、朝まで暴風に警戒が必要です。

関東や東海は雷雨や激しい雨に注意

画像A

台風11号は、きのう6日21時に温帯低気圧に変わりました。きょう7日、台風から変わった温帯低気圧は間宮海峡を北北東へ進み、夜にはオホーツク海に進むでしょう。

北海道はおおむね晴れますが、日本海側北部では朝にかけて非常に強い風が吹く予想です。また、日本海側と太平洋側西部ではうねりを伴い大しけでしょう。暴風や高波に警戒が必要です。東北は日本海側は大体晴れますが、太平洋側は雲が多く、朝晩を中心に雨が降るでしょう。

湿った空気の影響で、関東は午後は雨が降ったりやんだりで、雷を伴って激しい雨の降る所がありそうです。東海も雲が広がりやすく、所々で雨や雷雨になり、局地的に激しい雨が降るでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。北陸は雲が多く、朝まで所々で雨が降りそうです。

近畿や四国は朝まで雨の降る所がありますが、次第に日差しが届くでしょう。中国地方や九州はすっきりと晴れる見込みです。沖縄は雲が多く、雨や雷雨の所があるでしょう。

激しい雨って どんな雨?

画像B

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上〜50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。