8日から9日は、東海や関東甲信を中心に広く雨に。雨雲が発達し大雨になることも。日本の南の海上では新たな熱帯低気圧が発生する可能性もありますので、今後の動向にご注意ください。

8日〜14日の天気

画像A

あす8日は、近畿や東海、関東甲信、北陸、東北南部は、気圧の谷や湿った空気の影響で、曇りや雨になりそうです。局地的に雨雲が発達し、雷を伴って激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。雨雲が予想以上に発達した場合や停滞した場合は、警報級の大雨となる可能性があります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。

東海や関東甲信、東北は、週末以降も曇りや雨の所が多いでしょう。日本の南の海上では、新たに熱帯低気圧が発生しやすい状態です。週末にかけて北上する可能性もあります。今後の動向にはご注意ください。
近畿や東海などでは、雨が降るわりには気温は高めで、最高気温は30度くらいまで上がる所もあり、蒸し暑いでしょう。

一方、高気圧に覆われる沖縄、九州、四国、中国地方、東北北部や北海道は、8日は晴れる所が多いでしょう。沖縄は10日頃まで晴れますが、11日から13日までは雨が降りそうです。九州は週末にかけて大体晴れますが、週明けからは雲が広がりそうです。北海道は11日頃まで秋晴れが続くでしょう。

15日〜20日の天気

画像B

15日以降、北海道は雲が多く、19日と20日は雨が降りそうです。
東北から近畿にかけても15日と16日は曇りや雨の所が多いでしょう。17日からの三連休は、初日は、関東から九州は曇りや雨になりそうです。18日と19日は東北から九州、沖縄にかけて広く晴れて、行楽日和になりそうです。

最高気温は、北海道から関東は15日は平年を下回りますが、その他は平年並みか高くなりそうです。札幌でも17日以降は25℃以上の夏日が続きそうです。ムシムシ、ジメジメと感じられるでしょう。西日本では30℃を超える所もあり、厳しい残暑はまだまだ続きそうです。