関東は湿った空気の影響で、所々で弱い雨が降っています。夕方、帰宅の時間帯には内陸部を中心に大気の状態が不安定になり、急な雷雨の恐れがあります。雨雲レーダーなどをしっかり確認するようにしてください。

関東に弱い雨雲 帰宅の頃には雷雨も

画像A

きょう9日の関東は湿った空気の影響で、朝から所々で雨が降っています。現在は発達した雨雲は見られませんが、雨雲レーダーに写らないような弱い雨の降り方となっている所もあるようです。

ただ、この後は上空に寒気が入るため、大気の状態が不安定になりそうです。夕方以降、帰宅の時間帯は関東の内陸部を中心に局地的に雨雲やカミナリ雲が発生する見込みです。急な強い雨や落雷、突風などに十分ご注意ください。

雷に遭遇したら

画像B

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。

あすは晴れて暑さ戻る

画像C

あす10日の関東は、日中はよく晴れるでしょう。北部の山沿いでは夕方からにわか雨の所がありますが、平野部では安定した晴天となる所がほとんどとなりそうです。

日差しが多い分、暑さも戻ってくるでしょう。あすの予想最高気温は30℃以上の所が多く、東京都心も真夏日となる見込みです。きのう8日ときょう9日が涼しいだけに、いっそう暑く感じられそうです。こまめな水分補給など暑さ対策を忘れないでください。