きょう9日(金)の関西は大気の状態が非常に不安定で、激しい雨や雷雨の恐れがあります。あす10日(土)も雲が多く、雨や雷雨がある見込みです。あさって11日(日)も雲が広がりますが、天気は徐々に持ち直すでしょう。

関西 きょうは大気の状態が非常に不安定 局地的な雨雲の発達に注意

画像A

関西では、湿った空気や上空に流れ込む寒気の影響で、今夜遅くにかけて大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。このあとも雨が降りやすく、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。夏の夕立とは異なり、夜になってからも局地的に雨雲が発達する恐れがあります。あす10日(土)に日付が変わるころは、大阪湾周辺でも活発な雨雲が予想されています。低い土地の浸水や土砂災害、落雷、竜巻などの激しい突風にご注意ください。

関西 週明けにかけては次第に天気が持ち直す 体にこたえる暑さ続く

画像B

あす10日(土)も、関西ではあちらこちらで雨が降り、激しい雨や雷雨になる所もありそうです。あさって11日(日)も雲の広がる地域がほとんどですが、12日(月)は晴れ間の広がる所が多いでしょう。あす土曜日の日中は気温が上がりにくいものの、日曜日から月曜日にかけては30度を上回る所が多い見込みです。湿度も高く、蒸し暑さが続くため、熱中症への対策を怠らないようにしましょう。