きょう10日(土)、東京都心は空を見上げると、うろこ雲やひつじ雲。雄大な空に秋を感じられます。ただ、日差しとともに気温が上がり、地上は暑くなっています。正午までの最高気温は、東京都心は3日ぶりに30℃を超えました。九州では、猛暑日に迫る暑さの所もあります。

残暑厳しく 午前中から猛暑日に迫る所も

画像A

きょう10日(土)は、九州や東海、関東から北海道にかけて、広い範囲で晴れています。

日差しとともに気温が上がり、正午までの最高気温は、鹿児島県では南さつま市で34.0℃、日置市で33.5℃など、午前中から猛暑日に迫る暑さになっている所もあります。

明け方まで雨が強まった東海も天気は回復して、かなり蒸し暑くなっています。愛知県豊田市と豊橋市で32.9℃まで上がりました。

東京都心も空を見上げると秋を思わせる涼しげな雲が見られますが、正午までの最高気温は30.6℃と3日ぶりに真夏日となりました。正午の湿度は51%となっていて、ムシッとした夏の暑さです。

きょう10日はまだ気温が上がる所が多く、沖縄、九州から関東、北陸にかけて30℃以上の真夏日になる所が多いでしょう。また、東北や北海道でも30℃近くまで上がる所がありそうです。熱中症に注意をしてお過ごしください。

きょう10日夜は「中秋の名月」夜風は涼しく

画像B

きょう10日(土)夜は「中秋の名月」です。
お月見を楽しみにされている方も多いと思います。
日が沈むと暑さはやわらぎ、風が涼しく感じられそうです。特に、関東甲信の内陸部や東北や北海道は長袖が欲しくなるくらい涼しくなる所もあるでしょう。

気温の変化に気を付けて、秋の夜長をお楽しみください。

気温と服装の目安

画像C

まだ残暑が厳しく、半袖の活躍する日が多くなりますが、そろそろ長袖など秋の洋服も準備しておきましょう。

人によって個人差はありますが、気温が25℃を下回ると半袖よりも長袖、20℃を下回るとカーディガンなど薄手の羽織りが欲しくなるような涼しさになってきます。

北日本ほど、一日の気温の変化が大きいシーズンになってきますので、服装選びにご注意ください。