この先、北海道から九州にかけて、晴れる所が多いですが、太平洋側では雲が広がりそうです。強い台風12号は14日頃まで先島諸島へ影響をもたらすでしょう。新たに台風13号も発生し、別の熱帯低気圧も。台風の本格的なシーズンですので、今後の動向に注意が必要です。

13日〜19日の天気

画像A

この先2週間は、日本付近は、台風や熱帯低気圧の影響を受けやすいでしょう。13日以降は、北海道から九州は、晴れる所が多いですが、湿った空気が流れ込みやすい関東など太平洋側ほど雲が多くなる見込みです。局地的に雨雲が発達することもありそうです。

17日からの3連休は、関東や近畿など日差しの出る所がありますが、雲が広がりやすいでしょう。18日と19日は北海道で雨が降る見込みです。近畿も18日は次第に雨が降るでしょう。
沖縄は、14日頃まで晴れますが、にわか雨には注意が必要です。15⽇から17⽇にかけては⾬の降る日が続く見込みです。

最高気温は北日本や東日本、西日本は、この先、暖かい空気に覆われて、平年よりも気温の高い状態が続くでしょう。西日本を中心に30度以上の真夏日の日が多くなりそうです。本格的な秋の訪れは遅くなりそうです。

台風12号はゆっくり北上 先島諸島は影響長引く 台風13号も発生

画像B

12日、台風12号は「強い」勢力で先島諸島に接近中です。動きが遅いため、先島諸島では14日頃まで台風の影響が長引きそうです。この台風12号は、その後も北上を続け、16日には黄海に進む見込みです。九州や本州付近に直接の影響はなさそうですが、台風周辺からの湿った空気が流れ込むため、局地的に雨雲が発達することがありますので、ご注意ください。

また、ウェーク島近海で台風13号が発生しました。このまま北上し、15日には日本のはるか東へ進む見込みです。こちらは日本への直接の影響はなさそうです。

ただ、日本の南には、また別の熱帯低気圧が発生していて、今後、⻄寄りに進む見込みです。本格的な台風シーズンで、この時期の台風は日本付近を通るルートになりやすく、週末には南⻄諸島付近に近づく可能性もあります。その後の動向にも注意が必要です。

20日〜25日の天気

画像C

20日以降も日本付近は雨の降る所が多いでしょう。23日からの3連休も低気圧や前線の影響を受けて、前半ほど全国的に雨が降りやすいでしょう。局地的に雨雲が発達して大雨をもたらすこともあります。今後も台風などの発生と動向には注意し、再度、大雨や暴風への備えを見直すようにしてください。